岸和田一文字での引き釣りでタチウオ1匹 前日までの高活性が一転苦戦

岸和田一文字での引き釣りでタチウオ1匹 前日までの高活性が一転苦戦

連日のタチウオ2ケタ釣果の情報に期待感を持って、10月15日の午後岸和田沖一文字に釣行した。が、前日までの高活性が一転して苦戦を強いられ、辛うじてタチウオ1匹を拾うのが精一杯の結果に終わった。回遊魚は水物、コンディション次第と改めて感じた釣りの模様をお届けする。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

伴野慶幸

へっぽこ釣り師の伴野慶幸です。尼崎~垂水間の渡船利用の沖堤防 がメインフィールドです。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

岸和田一文字のタチウオ釣り

タチウオは秋の一、二を争う人気の釣り物だが、大阪湾の波止・岸壁でのタチウオ釣りは2020年、2021年と2年連続の不振に陥り、2022年も9月はほぼ音沙汰無しの状態。しかし10月に入ると、岸和田一文字でタチウオの釣果情報が出始め、中旬には連日の二桁釣果も出てようやくシーズンインを迎えた。

岸和田一文字は沖一文字と旧一文字の2本の沖防波堤の総称で、渡しているのは岸和田渡船。忠岡にある乗船場と受付事務所、乗船手続きなどは、ホームページに詳しく記載されているので、初めて釣行される方や不慣れな方は、是非とも目を通していただきたい。

岸和田一文字での引き釣りでタチウオ1匹 前日までの高活性が一転苦戦岸和田一文字略図(作図:TSURINEWSライター伴野慶幸)

2022年、岸和田渡船ではあまりの多客と駐車場確保の難しさなどから、送客オペレーションの都合上やむをえず全日・全便をネット予約制とすることを決断。私も予約枠が約2分で瞬殺する異常事態をかいくぐって、奇跡的に10月15日の15時発の便の予約に成功した。

なお、岸和田一文字の詳しい特徴その他の解説は、過去の投稿「大阪湾の沖波止紹介:岸和田&泉佐野一文字 都市近郊でアクセス良好」をご覧いただきたい。

釣り座の確保が難しい

当日は乗船場への直行は不可とされ、釣り人の自家用車はフィッシングマックス泉大津店の駐車場に駐車して、そこからマイクロバスで乗船場に送迎するというオペレーションとなっていた。限られた予約枠を確保した釣り人達の表情は皆明るく穏やかで、スタッフの指示にも従ってあらゆる面でスムーズな時が流れていく。

スタッフに様子を聞くと「オペレーションの都合で人数制限していて、午前中に渡った釣り人も大半が帰っているので、沖向きでも釣り場が埋まっていることはない」との話を聞いて安堵する。15時便は30人ほどの釣り人を乗せて順調に出船。船内は全員がタチウオ狙いで、その大半はルアーマンだが、磯竿や短竿を手にしたベテラン師や親子連れも混じる。

岸和田一文字での引き釣りでタチウオ1匹 前日までの高活性が一転苦戦岸和田渡船の乗船所(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

周りの静かで穏やかな船内の雰囲気に身を委ねていた私であったが、タチウオ狙いのメインの釣り場・岸和田沖一文字(通称:沖の北)に近づくと、その光景を見て一気に暗い気持ちになった。出船前のスタッフの話とは違って、波止の北端から小屋までの沖向きは先客でほぼ埋まっていて、後から入れそうな場所が見当たらない厳しい状況。小屋からさらに南へ行けば空いている場所もあるが、内向き(陸向き)がオイルフェンスの内側になるデメリットを受け入れなければならない。

船着場に着くと同時に、北向きのわずか1か所空いた場所を目掛けて突進。どうにか釣り座を確保したが、十分な間隔をとってはいたが、両隣の先客から険しい表情を向けられ、一段と暗い気持ちにさせられた。別の釣り人は直接先客からクレームを受けて退散、親子連れは内向きにしか釣り座を構えられずといった光景も見られ、15時発の便では、釣り座の確保が難しいというのが実感だった。

岸和田一文字での引き釣りでタチウオ1匹 前日までの高活性が一転苦戦満員御礼の岸和田一文字(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

まずはサビキ釣りでアジ

釣り座を確保したので、タックルの準備にかかる。メインのタチウオ釣りのテンヤ仕掛けを整えてから、夕暮れまでの竿下サビキ釣りの準備に移る。タックルは磯竿5号5.4mにミチイト5号を巻いた両軸リールをセットし、サビキの間にクッションゴムを介する。サビキはケイムラ仕様のハリ7号、ミキイト5号、ハリス2号の、夕暮れまでの時間帯に実績のあるタイプを用意した。

北西からの風が強く沖向きは釣りづらいこともあって、内向きで釣ることにした。波止際は水深が6m程度と浅く、サビキを落とすと上層で小サバの猛攻にあってしまう。工夫して底ギリギリに早くサビキを落とし込むようにすると、小サバは減り、小アジとウルメイワシを拾えるようになった。

内向きに竿出しした周りの釣り人達も快調に魚を釣り上げてゆき、中にはカワハギを手中にした人もいて、お土産は皆それぞれに確保できたようだ。せっかく小アジが釣れたので、ノマセ釣りも試みたが不発。しかし波止の北端ではルアーマンにサゴシがヒットして歓喜の声があがっていて、もう少し粘ってみてもよかったのかもしれない。

岸和田一文字での引き釣りでタチウオ1匹 前日までの高活性が一転苦戦サビキ釣りでお土産確保(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

次のページでいよいよタチウオ狙いの引き釣りスタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。