長良川のコイ釣りで75cm本命手中 サツマイモの角切りエサにヒット

長良川のコイ釣りで75cm本命手中 サツマイモの角切りエサにヒット

今年の秋は深まりが早いと思う。秋はコイの荒食いの季節。例年より早くアユ釣りを納竿し、9月29日と10月3日にコイ狙いで長良川に釣行。早速コイをゲットしたのでレポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り コイ釣り

長良川でコイ釣り

9月29日、この日は仕事の合間に1時間サオを出した。場所は郡上大和の杉ケ瀬の下流の大淵。

長良川のコイ釣りで75cm本命手中 サツマイモの角切りエサにヒット杉ケ瀬の大淵(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

数日前から真ゴイ、色コイと多数確認していた場所だ。通常は右岸からサオを出すが、右岸にはツンツン釣り(アユの引っ掛け釣り)の人がいて空いている場所がないので左岸からサオを出した。

ノベザオ一本で挑む

サオはノベザオ。シマノのボーダレスP720―T。最強のノベザオと呼ばれており、かなりの大物でも対応可能だ。水中イトはフロロカーボンライン3号通し、ハリはがまかつ改良ソイ16号、エサはサツマイモの角イモ。手作りだ。オモリは4Bの3~4個付けで釣っていく。

長良川のコイ釣りで75cm本命手中 サツマイモの角切りエサにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

釣り方は基本見釣り、目視でコイを確認し、コイの口元に角イモを持っていく感じ。アワセも目視で行い、エサを吸い込んだ瞬間にアワセを入れる。しかし簡単には釣れてこない。エサに興味を示すが食うまでは至らない。

長良川のコイ釣りで75cm本命手中 サツマイモの角切りエサにヒットエサは手作りの角イモ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

体高ある重量級75cm浮上

それでも何度も何度もコイの目の前にエサを打ち込むと、水中のコイが反転した。食った!サオが根元まで曲がり、イト鳴りが止まらない。かなりの重量感だ。まずはコイに空気を吸わせて弱らせることが肝心だ。

何度も空気を吸わせて大分弱ってきたが、重量感があるため寄ってこない。どうしたものか。近くに寄ればコイは危険を察知して距離を取る。寄せようにも寄ってこない。仕方なくついて下り浅場に寄せた。ここまでこれば安心。浅場で動きが鈍ったところでタモ入れに成功した。

長良川のコイ釣りで75cm本命手中 サツマイモの角切りエサにヒット丸々肥えて重量感あるコイの引きを楽しむ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

体高があり丸々肥えていた。長さは75cmだったが、重量感は80cmオーバーに匹敵する。

次のページで珍しい真っ白なコイがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。