陸っぱりシーバスゲームで本命30cm 今年のリバーシーバスは遅れ気味?

陸っぱりシーバスゲームで本命30cm 今年のリバーシーバスは遅れ気味?

10月15日、名古屋市を流れる庄内川へ、シーバス調査へ行った様子をレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

庄内川でルアーシーバス釣り

10月15日、名古屋市を流れる庄内川へ、シーバス調査へ行ってきた。中潮で満潮が午後7時47分、干潮が午前2時59分という潮回りで、午後9時ごろに庄内川河口近くの橋脚と明暗が絡むポイントへエントリーした。

この日はフィッシング遊名古屋南店の加藤店長と中島副店長にエスコートしていただき、シーバスを狙う。ポイントへ到着すると、水面がベイトの群れでざわついているのが見える。時折そのベイトを追って激しいボイルが発生しているではないか。ベイトはおそらく15cmくらいのイナッコだろうとのこと。

当日のタックル

この日のタックルは、フィッシング遊オリジナルのUNLOCKシリーズ、8.6ftのシーバスロッドに2500番のスピニングリールで、PEラインは0.8号、リーダーはフロロカーボンラインの12lbを1m接続した。まずは120mmのシンキングミノーで狙っていく。

陸っぱりシーバスゲームで本命30cm 今年のリバーシーバスは遅れ気味?タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

岸際で反応得たがフックアウト

橋脚周辺の明暗をいろいろな角度を変えて探っていくが無反応。サイズを落としたり、ミノーからシンキングペンシルに替えて狙っても、なかなかアタリが出ない時間が続いてしまう。

しかもそれをあざ笑うかのように、岸際ギリギリで大きなシーバスらしきボイルが起こる始末。まだベイトは近くをウロウロしているのだが、なかなか本命のシーバスは口を使ってくれないようだ。

開始から1時間ほどたったころ、シンキングペンシルを流れに乗せてゆっくりリールを巻いていき岸際をトレースしながら回収していると、ロッドがコンコンとたたかれるがこれは惜しくもフックアウト。

橋脚付近の明暗狙い30cm本命

加藤店長、中島副店長ともにシーバスの反応はなく苦戦しているようだ。時計を見ると11時ちょうど。ここで先ほどアタリがあったシンペンを諦め、ローリングベイト77を結んでキャストする。

橋脚付近にできた明暗から流れに乗せながら、ゆっくりとリトリーブしてくる。流れを受けて暗い部分をローリングベイトが通過したそのとき、引っ張られるようなアタリでようやくヒット。

サイズはそれほどではないと判断して、ロッドを曲げてスイープにフッキングする。水面でエラ洗いを見せるが、強引に寄せて抜き上げた。サイズは小さめで30cmを少し超えるシーバスだ。

陸っぱりシーバスゲームで本命30cm 今年のリバーシーバスは遅れ気味?ようやく仕留めたシーバスに笑顔の筆者(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

次のページで今年のシーバスの傾向とは?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。