全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待

全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待

千葉県の外房大原では、10月1日からヒラメ狙いが全面解禁。マダイと並び一番人気の魚だけに、連日多くのファンが駆けつけている。そこで10月9日(日)、同港の春栄丸から出船したので、その釣りの模様をお届けしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

春栄丸でヒラメ釣り

解禁以来、春栄丸では連日トップは6~8尾くらい上がっているらしく、期待は十分。北の強風と、近くの船が波間に消えるほどの大ウネリのタフコンディションではあったが、それなりに数も釣れて、今年も好釣果を得られそうな手応えを感じ取ることができた。

まだ暗い4時半すぎ、白川永一船長の操船で出港。竿入れが5時半なので、ゆっくりとポイントの太東沖を目指す。

全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待船着き場周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

1投目から1.5kg本命

到着後、イワシが配られて時間通りに開始。風が強く、横流しの船体は流れがいい。

「潮上側はいたずらにミチイトを出すと反対側とオマツリするので、オモリは100号にして、伸ばすくらいなら入れ替えをマメにするように」とのアナウンス。

全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

水深は16m。左舷の私は、最初は潮下。80号のオモリでは、20mほどイトが出る。期待を込めての第一投。

着底してイトフケを取ると、すぐにアタった。潮流れがよく、一気の食い込みで幸先よく1.5kg級をキャッチ。しかしその後は、アタリはあるものの、バラシが船中で目立つ。

同船者も本命ゲット

6時、右舷ミヨシ2番の大内さん(横浜市)にアタリ。最近ヒラメにハマり、竿も硬軟用意して海況に応じて使い分けているそうだが、この日はウネリの影響か、少し苦戦している様子。それでも、しっかり3尾を釣り上げていた。

全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待大内さん(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

ほぼ同時に、隣の落合さん(港区)にもヒット。終盤の30分くらいの間に3尾上げて合計5尾と、腕前を披露してくれた。

全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待落合さん(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

ミヨシの藤田さん(品川区)は、前半苦戦したものの、中盤に1.5kg級をゲット。当日は1kg前後が多く、ソゲも交じったので、1.5kg級はまずまず。

イサキ、シマアジ狙いでよく通っているという坂本さん(狭山市)は、この日ヒラメに初挑戦。永一船長からアドバイスを受け、見事に本命ゲット。

全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待坂本さん(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

右舷胴の間の蛭間くん(富里市)は、9歳にして釣りが大好きで、この日も2尾と大健闘。運転手兼助手というお父さんは、息子が釣り上げる姿を見て本人以上に嬉しそう。

終盤はひと流しで17尾

中盤はポツリポツリという感じだったが、いい場所に入ったのか、終盤はアタリが連発。ひと流しで合計17尾が上がり、船長はタモ入れに大忙しの場面も。

ヒラメの時期は片貝と大原に通っているという実川さん(佐倉市)は、後半で巻き返しに成功。ヒットを連発して帳尻は合わせたようだ。

全面解禁した外房の船ヒラメ釣りでトップ6尾 今後は大型に期待実川さん(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

次のページで最終釣果は果たして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。