玄界灘の落とし込み釣りでヒラマサブリに青物連打 ベイトはイワシ

玄界灘の落とし込み釣りでヒラマサブリに青物連打 ベイトはイワシ

9月29日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)で玄界灘の落とし込みに釣行した。メンバーは田上一夫さん、林龍雄さん、中垣和弘さん、井上さん、金澤さん、角守さん、丸山さんだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

青物主体に好土産

中垣さんにもヒラマサ、マダイ1.5kg級、アコウ800g~1.5kgをダブルで取り込んでいた。金澤さんはコンスタントにヒラマサ、中型ブリ、アコウを掛けていた。

玄界灘の落とし込み釣りでヒラマサブリに青物連打 ベイトはイワシ青物手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

午後1時をすぎたころから、ベイトが仕掛けに付きにくくなったので船長より「納竿にしましょう」と言われ、この日の釣りを終了した。

釣果は、釣る人で青物8尾、アコウ2尾。船全体ではヒラマサ、カンパチ、ブリ、中型ブリの青物が計19尾にマダイ3尾、アコウ9尾と釣れていた。

<週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第二大福丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年10月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。