千葉・オリジナルメーカー海づり公園で38cm頭にクロダイ連発

千葉・オリジナルメーカー海づり公園で38cm頭にクロダイ連発

9月30日(金)、久しぶりに千葉県市原市のオリジナルメーカー海づり公園に出かけた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

海釣り公園でクロダイを狙う

狙いは、このところ釣果の出ているクロダイ。この場所では、桟橋からコマセを撒くのは禁止なのでカゴ釣りで狙った。

6時すぎに入場し、工事中の先に釣り座を確保。沖向きは空いていなかったので内向きに入った。準備が済んで第1投。流れが速く、ウキがすぐに遠くへ流される。そこでウキを外して、オモリだけで足下に落としてアタリを待つことに。千葉・オリジナルメーカー海づり公園で38cm頭にクロダイ連発桟橋の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC大熊規男)

ウキ止めイトが水面にある位置で止め、タナに着いたら竿をあおってコマセを振り出す。コマセは、オキアミを詰めてから配合エサを詰め、オキアミが途中で出ないようにした。

38cm級頭に3投連続ヒット

3投目に早くもアタった。グンと竿先を引き込む強いアタリだったが、上がってきたのは32cmの小型クロダイ。オデコはなくなり、気が楽になる。

ところが、それ以降はアタリがないまま2時間が経過。アタリがないときは、ウキ下を測り直すことがこの釣り場の攻略法。ハリにオモリを付けて水深を測ると、朝よりも潮が引いてきていた。そこで、底を少し切るようなセッテイングにすると、すぐに効果が出て37cmをキャッチ。

しばらくすると流れが緩くなってきたので、再度ウキを付けてみる。流れがほとんどなくなったところで、ウキが消し込んだ。姿を見せたのは38cm。そこから3投連続でヒット。同級のクロダイが釣れ続き、自分でもびっくり。

ウキを付けてカイズゲット

干潮を過ぎると、上げ潮の流れが次第に速くなってくる。そこで、再びウキを外したが、沈黙の時間が続く。その間に水深を測って、何度もウキ下を調整。

流れがやや緩くなったところで、ウキを付けてみる。右隣の釣り人が帰って空いたので、右側に投入。釣り座正面を通り過ぎ、左の釣り人の手前で上げるようにしてみる。

ウキが釣り座正面にくると、速度が遅くなっていい感じだ。すると、ウキが一瞬で視界から消えた。アタリのわりに弱い引きで、28cmカイズをゲット。千葉・オリジナルメーカー海づり公園で38cm頭にクロダイ連発当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版 APC大熊規男)

最終の18時前まで釣り続けたが、追釣できず終了。それでも、十分満足の結果で納竿した。これから11月ごろまでは釣れるので、また釣行したい。

<週刊つりニュース関東版APC・大熊規男/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
オリジナルメーカー海づり公園
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年10月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。