千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に

東京湾浦安の吉野屋では、キス乗合の合間にスポットでハゼ乗合がスタート。その初日の9月30日(金)に釣行し、18cm頭に65~153尾の好釣果を得た。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

吉野屋でハゼ釣り

出船1時間前に船宿到着。店横には、各乗合船の席札ボードが設置されている。ハゼと記されたボードを見ると、4隅は埋まっており、空いていた右舷胴の間の席札を外して店内に持参すると、吉野眞太郎親方と広大代表が笑顔で出迎えてくれる。乗船手続きを済ませ、店前の船着場に移動。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に店舗外観(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

ハゼ乗合の出船は7時半。7時出船の他魚種の船を見送ってから、助川直弘船長が舵を取る吉野屋丸が桟橋に横着けされた。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に座席予約ボード(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

定時よりも少し早い7時20分、乗船予定者6人が全員そろった。船長から航行中の注意項などがアナウンスされて出船。北からの追い風に乗って巡航速度で走る。

大きめのエサでスタート

航程約1時間で木更津港沖の水深3~4mの釣り場に到着。ヤマダテが決まり、船首が風上へ向けられて安定すると、船長から「水深は3.5mです。最初は大きめのエサでアピールするといいと思います。はい、どうぞ」と仕掛け投入OKの合図。エンジン流しで実釣開始となった。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に釣り場は木更津周辺(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

私のタックルは、ハゼ釣りに最適な感度を持つ竹製のリール竿2本。ハゼ天ビンに船宿仕掛けをセットする予定だったが、船長から「大きめのエサで」というアドバイスがあったので、ハゼバリ7号と8号のコンビで、2本バリ仕掛けを急きょ自作した。

天候は晴れ、風は北東から開始時風速1m前後だったが、昼ごろには北西5mまで上がった。潮色はわずかに濁りが入った緑茶色で、13時すぎが干潮。この日は下げ潮を釣る状況だった。

明快なアタリが続々

開始早々、右舷前で探っていた渡部さんが、船中1尾目となる14cm級の良型マハゼを釣り上げる。これを皮きりに、次々とヒットが続いた。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に戦中1尾目ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

右舷トモの秋葉さんにきたのは16cm級の大型。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に良型手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

反対舷のトモでは関さんが13~14cmの一荷を3連発。左舷前ではI氏が手ばね2本竿を左右の手に持ち、小突きを入れなら入れ食い。左舷胴の間でも14~16cm級の一荷。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に一荷でキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

筆者に18cm良型ヒット

釣り座に戻ると、私の左右の竿にもクンクンと明快なアタリが続く。1本の竿を巻き上げてハリを外している間に、仕掛けが入っている置き竿は一荷になることも。また、1尾のハゼが2本のハリを飲み込んでしまうなど、4本のハリを操るのは困難だった。手ばね2本竿の人は1本バリで手返しが早かったから、2本バリなら1本竿が正解だったのかもしれない。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に最大18cmをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

船はアタリの出方を見ながら水深1.5~4mの釣り場を5~20分間ずつ流し、良型が終始乱舞。私は途中で15、16cmアカメフグをゲットしたが、仕掛けを切られることもあり、ハリを合計15本消耗。タイムロスで束釣りは叶わなかったが、終盤には船中最大の18cmを含む一荷を達成。トータル72尾で13時50分に沖上がりを迎えた。

船中トップは153尾

船中釣果は5~18cm65~153尾。アカメフグが少々交じった。

千葉・浦安発でハゼ乗合船を堪能 18cm頭に船中トップ153尾の好釣果に助川直弘船長(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

船長のコメント

「今後、釣況を見てキス乗合、ハゼ乗合の割合を考えていきますので出船日をチェックして遊びに来てください」

<週刊つりニュース関東版APC・木津光永/TSURINEWS編>

▼この釣船について
船宿 吉野家
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年10月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。