カヤックフィッシングでの【タックル落水・紛失・破損の事例と対策】

カヤックフィッシングでの【タックル落水・紛失・破損の事例と対策】

水面に浮いて釣りをするカヤックフィッシング。スペースが狭いため、ちょっとしたミスで大切な道具を水没させたり、破損したりしてしまう可能性が高い釣りでもあります。命に関わることではないですが、やってしまうとかなりの心理的・金銭的ダメージをくらうことに……。今回は過去の失敗をもとに、いくつかの対策をご紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター福永正博)

福永正博

横浜在住。東京湾でカヤックシーバスをメインに、季節や天候により色々な魚を狙っています。読んだ方がワクワクするような記事を目指します!

×閉じる

船釣り シーカヤック

カヤックでの道具落水防止策

無くしたくないもの全てにリーシュコードを繋ぐことも可能かもしれません。しかし、カヤック上がコードだらけになり、絡まって不便だったり、危険につながることもあります。

道具の用途や使い勝手、自分が落水した時の安全性などを考慮して対策方法を選びます。

リーシュコードで繋ぐ

ロッドの場合、グリップエンドに尻手ベルトを巻き、カラビナを介してカヤックと繋ぎます。自分自身とタックルを繋いでしまうと、落水した時に身動きしづらく危険なので避けています。

カヤックフィッシングでの【タックル落水・紛失・破損の事例と対策】小物類は繋ぐ(提供:TSURINEWSライター福永正博)

フィッシュグリップなどの小物類はライフジャケットと繋ぎます。携帯電話は、防水ケースに入れてコードでライフジャケットと繋ぎます。これは落水して水に浮いた状態でも救助要請の電話ができるように。

フロート(浮力体) をつける

ランディングネットはスカリ用フロートなどをネット側に付けたり、シャフト側に浮く素材を巻いたり、自作でも色々と工夫できます。

カヤックフィッシングでの【タックル落水・紛失・破損の事例と対策】フロートを付ける(提供:TSURINEWSライター福永正博)

リーシュコードでも良いのですが、いざランディングという時に絡まって魚を逃した経験があるのと、ロッドホルダーに収納しづらくなるため避けています。フックリムーバーは使い勝手を優先して、小型のフロートを装着。

カヤックフィッシングでの【タックル落水・紛失・破損の事例と対策】こちらもフロートを装着(提供:TSURINEWSライター福永正博)

バンジーコード(ゴムひも)

クーラーボックスは、バンジーコードを使ってカヤックに固定する方法が多数派かと思われますが、単に乗せておくだけ派もいます。それは、クーラーボックス自体が水に浮くことと、転覆時の復旧をしやすくするためです。

ロッドホルダー位置

筆者の場合、キャスティングでのシーバス狙いがメイン。キャスト時に思いきりロッドを振って、予備のロッドにぶつけてしまい破損したことがあります。その後、ロッド位置を色々と試した結果、背中の真後ろにロッドを直立させるスタイルに落ち着きました。タックルボックスやクーラーボックスにロッドホルダーを増設しています。

バーチカルなジギングやタイラバなどがメインであれば、また違ったスタイルになってくるでしょう。

次のページで「他人のアイディアを参考にしよう」?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。