群馬・赤城大沼のボートワカサギ釣りで12.5cm頭に良型中心で108尾

群馬・赤城大沼のボートワカサギ釣りで12.5cm頭に良型中心で108尾

9月25日(日)、解禁から1カ月近く経った群馬県前橋市にある赤城大沼へワカサギのボート釣りに出かけた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・郡直道)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

赤城大沼でワカサギ釣り

5時半ごろ赤城大沼から車で数分のところにある鳥居峠に到着。見事な雲海と朝日の写真を撮ってから湖畔に向かう。

湖畔でバンディ塩原の若旦那から最近の状況を聞いてみたのだが、前日は台風でボートが出せなかったそうで、ポイントの状況はわからなかった。

群馬・赤城大沼のボートワカサギ釣りで12.5cm頭に良型中心で108尾ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版APC・郡直道)

開始時間の7時、ボートを漕ぎ出す。まずは島裏まで行って、ポイントを探索。湖の北岸沿いに魚影を見ながらボートを漕いだが、めぼしいポイントが見当たらず、そこそこの魚影のあったキャンプ場前でアンカーを下ろす。

序盤に40尾確保

タックルは電動リール2台、各々にティンセル付きの空バリ仕掛けを付けて投入。水深は9mほど、表層水温19.8度、空バリが十分通じる水温だった。

群馬・赤城大沼のボートワカサギ釣りで12.5cm頭に良型中心で108尾赤城山を望む釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・郡直道)

しばらく誘い続けると、群れが寄ってきたことを魚探で確認。やがてアタリが出て、リールを巻き上げると中型が上がってきた。

その後も、ペースは遅かったがポツポツとアタリ。結局、キャンプ場前では3時間で40尾ほど。魚影が途絶えたのでポイント移動。

デカサギ交じりで束釣り

青木旅館前、その隣の樹林前で何カ所か探り、昼を回ったところでトータル70尾程度。けっこう満足して帰る方向に移動しながら魚影を探る。高原学校前(カッター前)まで来ると、いつもいるボート群が見当たらず、はるか沖の馬の背の裏側に船団が見えた。近くまで行って魚影を見ると、大きな群れがいることを確認。

群馬・赤城大沼のボートワカサギ釣りで12.5cm頭に良型中心で108尾この日もボート釣りは盛況(提供:週刊つりニュース関東版APC・郡直道)

1束到達も夢ではないと確信して、ボート集団の中で空きを見つけてていねいにアンカーを下ろす。しばらくはいい調子で数を伸ばすことができ、14時半ごろにカウンターの数字が108になったところで納竿。赤城大沼では1束を超えれば及第点と言われており、ほぼ満足な結果だ。

群馬・赤城大沼のボートワカサギ釣りで12.5cm頭に良型中心で108尾多点掛けで数を稼ぐ(提供:週刊つりニュース関東版APC・郡直道)

前回の釣行時は、小型の当歳魚がほとんどだったが、この日は最大12.5cmのデカサギが多く交じった。強い引きが心地よく、楽しい釣行となった。

<週刊つりニュース関東版APC・郡直道/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
赤城大沼
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年10月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。