輪島の地磯エギングで600g頭に秋アオリイカ連打 クリアカラーが的中?

輪島の地磯エギングで600g頭に秋アオリイカ連打 クリアカラーが的中?

今シーズンアオリイカが各所で好調に釣れているとのことで、今回は9月17日に石川県・輪島周辺の地磯へエギングに行ってきた。今回は日中の釣りではあったが、カラーがハマったのかコンスタントにアオリイカが釣れ、小型をリリースして6匹キープした釣行をリポートする。

石川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

輪島周辺の地磯でエギング釣行

石川県でもアオリイカは好調のようで、輪島周辺の地磯もエギンガーの姿もちらほらと見えた。午前8時と遅めだったが、取りあえず足場の良さそうな場所を選び釣り開始。

まずはエギ王Qライブサーチのオレンジ系金テープの3号からスタート。磯周りに着いているであろうアオリイカを狙って、近距離にキャストする。

表層付近でアクションさせると早速チェイスがあった。しかしこれはすぐにエギを見切ってしまった。

輪島の地磯エギングで600g頭に秋アオリイカ連打 クリアカラーが的中?地磯が続く輪島の海岸線(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

とんかつサイズを手中

引き続き磯周りを狙ってキャスト。今度は2匹のアオリイカがチェイス。が、これもまた見切られてしまう。

少し左にずらしてキャストしてみると、フォール中にいきなりエギが引ったくられた。今度はしっかりと掛かり、上がってきたのはトンカツサイズのアオリイカだ。

輪島の地磯エギングで600g頭に秋アオリイカ連打 クリアカラーが的中?まずまずのアオリイカに笑顔の筆者(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

クリア系ボディのエギで連発

引き続き狙っていくが、どうも見切っていると感じたのでエギを変更してみる。選んだのはセフィアクリンチフラッシュブーストのキンアジカラー。これはクリア系のボディなので、日中にいいかなと思って選んだ。

この選択が正解だったのか、ここから連発。磯周りで数匹釣れ、チェイスしてきたイカをサイトでもヒット。アタリがなくなったら沖へキャストすると、またヒット。

輪島の地磯エギングで600g頭に秋アオリイカ連打 クリアカラーが的中?フラッシュブーストに異様に反応が良かった(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

カラーで反応に差

調子良く釣れていたが釣れているときこそ、カラーチェンジしてみようと、エギのカラーをケイムラクリア系に変更してみる。するとパタリとアタリがなくなってしまった。沖へ投げたり広範囲に投げてみたりしたが、チェイスもなし。

たまたま時合い終了か…、カラーが合ってないのか。再度セフィアクリンチのキンアジに戻す。

替えた1投目にその答えは返ってきた。アオリイカが勢いよくチェイスし、そのままエギを抱いたのだ。

次のページで当日最大の600gが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。