ブルーギルを「ドライフライ」で釣る魅力3選 具体的な釣り方も解説

ブルーギルを「ドライフライ」で釣る魅力3選 具体的な釣り方も解説

ブルーギルを狙ったフライフィッシングは、「ドライフライ」を使うと、よりエキサイティングに釣りが楽しめます。しかし、「ドライフライで釣る魅力は?、方法は?」と気になっている方もいるでしょう。そこで今回は、ブルーギルのドライフライフィッシングについて解説します。ブルーギル釣りをしてみたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ルアー&フライ フライフィッシング

ブルーギルをドライフライで釣る

ブルーギルはドライフライでも釣れます。雑食性の強い魚になっているので、水草や虫など、さまざまなものを食べるのです。ドライフライは水面に浮く虫をイメージしたものなので、ブルーギルの大好物となっています。積極的にバイトしてくるので、釣りをしていて楽しいですよ。

ブルーギルを「ドライフライ」で釣る魅力3選 具体的な釣り方も解説意外と美しいブルーギル(提供:TSURINEWSライターあつ)

ドライフライで釣る魅力

ブルーギルをドライフライで釣る魅力について紹介します。まだ試したことがない方は、以下の内容を確認してみてください。

バイトが見える

ドライフフライを使えば、ブルーギルのバイトを目で見られます。水面に浮かんでいるので、水中のブルーギルの様子も確認できるでしょう。バイトを視覚で確認できるので、エキサイティングに釣りを楽しめます。また、水面でバイトする音も聞こえるので、一度やったらハマる確率が高いです。

ドキドキ感を楽しめる

ドキドキ感を楽しめるのも、ドライフライを使って釣る魅力です。いつバイトしてくるのかわからないので、常に見入ってしまいます。また、クリアな水質の場所では、ブルーギルが近づいてくる様子も観察できます。通常の釣りと比べても、興奮できる釣り方なのでおすすめですよ。

仕掛けが簡単に作れる

ドライフライを使用するメリットは、仕掛けが簡単に作れる点です。ウキやオモリをつける必要がないので、ドライフライを結ぶだけで仕掛けが完成します。釣り場でも瞬時に仕掛けを作れるので、ストレスなく釣りが楽しめます。フライをかえる作業も簡単なので、嬉しい魅力ですね。

次のページで具体的にドライフライで釣る方法を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。