ボートロックゲームにおける【PEラインとリーダーの組み合わせ術】

ボートロックゲームにおける【PEラインとリーダーの組み合わせ術】

ボートロックゲームではラインセッティングが手返しやルアーの操作性に直結する。そこで今回はボートロックゲームに最適なラインセッティングについて解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ボートロックゲームの魅力

ボートロックゲームとは、ボートから根魚を狙う釣り。狙えるロックフィッシュにはアイナメやソイ、アカハタ、オオモンハタ、キジハタなど、さまざまな魚種がいる。魚種により狙い方はさまざまで、ゲーム性の高さ、懐の深さが魅力だ。

ボートロックゲームにおける【PEラインとリーダーの組み合わせ術】アカハタ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

根掛かりがつきもの

ボートロックゲームでは、根が粗いポイントでターゲットを狙うため、ほかの釣りよりも根掛かりが起こりやすい。シンカーを底取りができるギリギリの軽さにするなど、根掛かりを避けるためにざまざまな対策を講じる必要がある。

リーダーにハリスを流用

筆者はリーダーにエサ釣りに用いられるハリスを使用している。ハリスは低価格で大容量の商品が多く、コスパにも優れている。

強度の目安として、ナイロンやフロロカーボンで1号が4lbになるので覚えておこう。ボートロックでは20〜30lbを使用するため、5〜8号くらいまでのハリスを流用するのがいいだろう。

ラインセッティングの重要性

ボートロックゲームでは、根掛かりをしたときに海中にラインを残さないためにも、リーダーとPEラインの組み合わせについて考えておくことが必要だ。特に底を重点的に狙うフリーリグやテキサスリグを使用するときには、リーダーを失わないセッティングをしておきたい。

またボートロックゲームでは、流れが速いポイントで狙うこともある。その流れの抵抗をラインが受けると底取りが難しくなる。特にジグヘッドでオオモンハタを狙うときには、底取りを意識したラインセッティングで挑みたい。

ボートロックゲームにおける【PEラインとリーダーの組み合わせ術】オオモンハタはスイミングで狙おう(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページで具体的なセッティング例を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。