沼津サーフでのダンゴ釣りで40cm級頭にクロダイ3尾をキャッチ

沼津サーフでのダンゴ釣りで40cm級頭にクロダイ3尾をキャッチ

8月30日(火)は大潮で、干潮が7時。満潮までの釣行を考えて、4時に自宅を出発。目指すは、静岡県沼津のサーフ場所・千本浜。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

千本浜サーフでダンゴ釣り

5時すぎに千本浜に到着。空はうっすらと明るくなり、来る途中で降っていた雨はやんでいる。ポツポツと釣り人がいて、左右の人にあいさつをする。

この日の釣り方は、サーフでのウキダンゴ釣り狙いはクロダイ。ダンゴ用のコマセ作りから始める。マルキユーの紀州マッハ1袋をベースに、波止ダンゴ、細びきさなぎを少量加え、さらにアミ姫を少量加えて拡散して海水を入れて完成(水深、潮の流れにより海水を調整)。

沼津サーフでのダンゴ釣りで40cm級頭にクロダイ3尾をキャッチ使用したエサ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

竿は磯竿0.6号5.3mにリールは2000LB。道糸2号、ハリスは1.75号にチヌバリ2号。そして自作の寝ウキをセット。

ポイント周辺のタナを丹念に測り、4mくらいにセット。付けエサは、オキアミ、コーン、サナギ、練り餌を用意した。

潮止まりにクロダイ連釣

まずは、オキアミでスタート。かなりの遠投なのでダンゴはヒシャクを用いている。緩やかに左から右へ流れている。

沼津サーフでのダンゴ釣りで40cm級頭にクロダイ3尾をキャッチダンゴはヒシャクを使った(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

これといったアタリがないまま1時間が過ぎる。すると、潮の流れが止まったところでアタリがあり、40cm足らずのクロダイが顔を出した。

付けエサを練り餌に替えてコンスタントにダンゴを投入すると、35cmクラスのクロダイを2尾追加することができた。

これからは青物にも期待

これからだ、と手際よくダンゴを投入するが、空模様が一転。大粒の雨が降りだしたので、やむなく納竿。釣り場周辺の掃除をし、帰路に就いた。

沼津サーフでのダンゴ釣りで40cm級頭にクロダイ3尾をキャッチ短い時間で楽しんだ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

短い時間だったが、釣果楽しむことができた。次回は、大型を狙いにチャレンジしたい。これからのサーフは、青物も回るなど期待大だ。

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
千本浜
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年9月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。