釣り人的「ビールのお供」レシピ:アジのカツレツ風 焼き方がキモ

釣り人的「ビールのお供」レシピ:アジのカツレツ風 焼き方がキモ

九州各地で秋アジがピークを迎えている。群れに当たると数釣れることもあり、ベテランはもちろん、家族連れの姿も多い。今回は、たくさん釣れた時に役立つ「アジのカツレツ風」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

秋アジとは

秋アジとは文字通り、秋に釣れるアジのこと。夏の産卵後に見せる荒食い期にあたり、食欲も旺盛。ノッコミ期のものよりも身の味が濃く、適度な脂がのって美味しいのが特徴だ。

持ち帰り方

次は持ち帰り方。大半の人がナイフなどを使って絞め、クーラーに収めるが、意外に絞めなくても大丈夫。ただし、クーラー内は潮氷にし、魚全体がしっかり冷えるようにしておくことが大事だ。

下処理

持ち帰ったアジは頭とワタを取り、よく水洗いする。その後、すぐに調理しても構わないが、ひと晩寝かせたほうがうまみ成分も増す。その際は1尾ずつキッチンペーパーに包んでラップをかけ、冷蔵室内のチルドに入れておこう。

3枚おろし

ひと晩寝かせたアジは3枚におろす。手順としては尾っぽ近くのゼンゴ(ギザギザした部分)を取り、3枚におろしていく。参考までに20cm前後のものは大名おろしが簡単でラクだが、25cmを超すと、一般的な方法で。そのほうが中骨に身が付きにくく、きれいにおろせる。

釣り人的「ビールのお供」レシピ:アジのカツレツ風 焼き方がキモ3枚におろす(提供:TSURINEWSライター松田正記)

中骨は取らなくても大丈夫?

3枚のおろしたあとは腹骨を取り、食べやすい大きさにカット。堤防からよく釣れる25cmほどのものなら、中骨は取らなくても食べる時に気にならない。ただし、30cmを超える大型は取ったほうがよさそうだ。

パン粉付け

食べやすい大きさに切ったアジはパン粉を付けていく。パン粉を付けるための?接着剤〟は溶き卵や水で溶いた小麦粉など好みでOK。要は魚にパン粉をしっかり付けることが大事。

釣り人的「ビールのお供」レシピ:アジのカツレツ風 焼き方がキモパン粉を付ける(提供:TSURINEWSライター松田正記)

最後の工程

ここからは最後の工程。通常はアジフライとして油でサッと揚げるが、今回はひと手間かける。まずはフライパンに多めのオリーブオイルを敷き、魚を投入。次に中火で片面に焦げ目を付け、ひっくり返してもう片面を焼いていく。少々時間はかかるものの、衣に甘味が出るので焦らずゆっくりと。

釣り人的「ビールのお供」レシピ:アジのカツレツ風 焼き方がキモオリーブオイルで焼き上げる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

焼き上がったら、熱いうちに塩コショーを軽く振って口に運ぶ。サクサク感とパン粉の絶妙な甘さが生ビールによく合う。また、冷凍しておくと、急な来客に「即対応」。たくさん釣れた時こそ、保存しておきたい。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。