千葉・片貝でヒラメ釣り全面解禁 初日の釣行で良型揃いで全員安打達成

千葉・片貝でヒラメ釣り全面解禁 初日の釣行で良型揃いで全員安打達成

都心から近く手軽に行ける外房片貝で、ファンが心待ちにしていたヒラメが全面解禁を迎えた。そこで初日の9月1日(木)、直栄丸を訪れた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

外房片貝でヒラメ釣り

早朝に到着。船着き場前に車を停めると、すでに先着者が数人いた。空いていた右舷胴の間にクーラーを置いて車内で待機。間もなく舵を握る。山本義雄船長と仲乗りの愛称「ダイチャン」が到着。

用意が整ったところで、集まった総勢10人のファンが片舷5人ずつに分かれて乗り込み。タックルの準備に取りかかる。

千葉・片貝でヒラメ釣り全面解禁 初日の釣行で良型揃いで全員安打達成タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

4時30分、僚船とともに一斉に出船、真沖の釣り場を目指す。天候は晴れ、南西風がいくぶん強く波立っているが、船が大型なので、揺れはほとんど感じられない。

航程30分で到着したが、釣り場は広大。皆、思い思いのポイントへ散っていく。数よりも型を重視する船長は迷うことなく漁礁周りを選択し、なおも船を走らせる。

孫バリはシングルフックを使用

やがてスローダウンし「はいエサを付けて準備してください」とのアナウンス。同時にダイチャンが活イワシを各自のオケに5尾ずつ配って回る。オケのイワシを小網で掬い、手を海水で冷やしてからイワシの目を覆うようにして軽く握り、親バリを口の中から上アゴの硬い部分へ差し抜き、孫バリを肛門付近に掛ける。

孫バリは多くの人がトリプルフックを用いているが、私は夏場やイワシが小型の場合には、弱らないよう配慮してシングルフックにしている。

サミングをかけながらやさしく送り込み、トンとオモリが底を打ったら素早くイトフケをとる。イワシが底上0.5~1mの範囲を泳ぐのをイメージしながら、わずかに底を切ってアタリを待つ。

肉厚ヒラメ続々ヒット

早くも「おっ、いいのがきたね」との左舷側からの声。トモに座る渡部昌勝さん(越谷市)が、肉厚のヒラメを取り込んだ。魚を掲げてくれた渡部さんは「10年来、ヒラメ解禁日には欠かさず来ている。早々に出会えてホッとしたよ」とコメント。

千葉・片貝でヒラメ釣り全面解禁 初日の釣行で良型揃いで全員安打達成ファーストヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

船長は魚探でベイトの動きなどを読みながら、次つぎとポイントを探っていく。次の流しでまたもや左舷側でヒット。胴の間に座る臼井貴晃さん(草加市)が見事な放物線を描く竿を捉え、懸命に巻き上げている。時折、グッグインと力強い引き込みが訪れており、大型の期待がかかる。

千葉・片貝でヒラメ釣り全面解禁 初日の釣行で良型揃いで全員安打達成大判ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

やがて目を見張るほどのサイズが浮上し、待ち構えたタモへ頭から滑り込んだ。大判を掲げてくれた臼井さんは「船長を始め、皆さんが気さくで親切だから、沖釣りはここオンリーです。かれこれ15年は通っています」。

次のページで型揃いで船中オデコなしの最終釣果に!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。