初島の堤防ウキダンゴ釣りで尾長に良型イサキ 小旅行気分を満喫

初島の堤防ウキダンゴ釣りで尾長に良型イサキ 小旅行気分を満喫

8月25日(木)は中潮で、干潮が10時前後。曇り空で日中もそれほど気温が上がらない予報なので、静岡県の初島に釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

初島で堤防ウキダンゴ釣り

午後からは仕事の打ち合わせもあるため、4時間余りの釣り。熱海港に到着したのが7時。港脇の有料駐車場に車を止めて、荷物を運ぶ。そして出船手続き。往復¥2500余りで、島へと行ける。

ちょっとした船旅気分で、30分余りだが潮風を船から浴びた。暑さを忘れ気分爽快。

約30分で初島に到着。北東の風が吹いているので、堤防内側に釣り座を確保した。エサ取りが多いと感じ、釣り方はウキダンゴ釣り。クロダイはいないと聞くが、もしかして?と期待した。

初島の堤防ウキダンゴ釣りで尾長に良型イサキ 小旅行気分を満喫当日使用したエサ(作図:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

ダンゴ用のコマセはマルキユーから発売している、ウキダンゴX単品に少量の海水を加えて完成。初島はメジナ、イスズミなどの大型がヒットするようなので、磯竿1.5号5.3mに3000LBリール、ミチイト2号、ハリス1.75号にハリはチヌバリ3号をセット。

35cmイサキに尾長も登場

釣り座から約15m先をポイントに水深を測る。船道で約7~8m。海底は、石なのか根掛かる場所もある。

付けエサにはオキアミ、練り餌を用意。まずは、オキアミでスタート。1投目からアタリあり、サンノジがヒット。そして、フエフキダイが続く。

初島の堤防ウキダンゴ釣りで尾長に良型イサキ 小旅行気分を満喫メジナをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

ダンゴが中層でバラけるようにコマセを作る。そして中層を狙うとこれが的中。35cmクラスのイサキがヒットし、型はイマイチだが尾長メジナが顔を見せた。

60cmダツも

さらに、60cmほどのダツも釣れた。

初島の堤防ウキダンゴ釣りで尾長に良型イサキ 小旅行気分を満喫ダツも顔を見せた(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰)

小旅行気分で楽しめた

11時の船で帰る予定なので、釣り場周辺の掃除をして後片付け。船が到着するまで外側の釣り人を観察すると、カゴ釣り、イシダイ狙いの人がいた。また、家族連れでファミリーフィッシングを楽しむ姿もあった。

なお、自分で出したゴミは持ち帰り、釣り場はきれいに。未来の釣り人のためにも、今以上のきれいな海に!

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
初島
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年9月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。