3種の釣り方「チョクリ・キャスティング・落とし込み」で青物を狙う

3種の釣り方「チョクリ・キャスティング・落とし込み」で青物を狙う

ジギング船で勝手に落とし込み釣りを始めたら、船長に「こらっ 何をしてるんや」と叱られますが、自分の思うようにできるのがボート釣りの気ままさ。本日は3種の釣り方で釣果目標の達成ができました。特に青物釣りは、ベイトの状況で変化が出ることが結構あり、臨機応変な釣り方が功を奏すことがあります。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

イワシが消えた?

8月最終週を前に順調だった家島諸島上島周辺のイワシが姿を見せないとの情報。毎年、9月初旬に一時的に姿が消えることがあります。1週間もすれば出てきますが、こんな時は、ジギング船も好釣果の明石沖へ行きます。イワシの群れに青物も付いていますので、狙いの場所を変更で釣り方も変えてみます。

明石沖でチョクリ釣り

朝6時半に明石沖で釣り開始。釣り味いまいちでも万能で高確率なチョクリ釣りです。ハリ数を5本に減らした扱いやすい仕掛けで、水深35mからのカケアガリを探りますが、どうにも気がなくアタリがでません。

ハマチ顔出し

1時間待ちぼうけが続き、潮が2ktの半ばと効き始めて待望のアタリです。おはようハマチ君は、ひと潮一寸で成長した、この前までツバスだったサイズで少々もの足らずです。いたにはいましたが群れが小さいのか、やる気がないのか後が続かず……。

すると、散発的ながらも青物のボイルやライズが出てきました。これはいけるか……。1時間以上釣っても寂しいチョクリ釣りに見切りをつけて、キャスティングに変更します。

3種の釣り方「チョクリ・キャスティング・落とし込み」で青物を狙うおはようハマチ君(提供:TSURINEWSライター丸山明)

キャスティングでボイルを狙う

表層のベイトを下から見るのか、海面に追い上げるのかでボイル、これはキャスティングのチャンスです。99mm 14gのフローティングミノーを投げます。ボイルに投げれば一番ですが、どこに出るかわからないので、ひたすら食うのを信じて投げて引きます。

そして、バシャンと波しぶきで食った!この波しぶきのアタリはエキサイティングで、フッキングすると一気に潜り、引き始めます。軽く小さいミノー用のライトタックルで、引きを楽しみます。チョクリと同寸ながら、まったく違う面白みを味わいます。

3種の釣り方「チョクリ・キャスティング・落とし込み」で青物を狙うキャスティングでミノーに食いついたハマチ(提供:TSURINEWSライター丸山明)

二見沖へ転戦

食って来るのが見える釣り、表層のルアーゲームのおもしろさです。数投で次のアタリ。これは、フッキングできずに外れました。このころから僅かに潮が緩み散発的なボイルも少なくなり、変化が出てきました。

周囲のジギング船も移動をし始め、どうやら時合い終了のようです。チョクリをしないで、キャスティングで始めた方がよかったかもしれません。さらに粘って投げ続けるかと思いましたが、二見沖に移動をして、イワシの群れを探すことにしました。

次のページで落とし込み釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。