「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモ

「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモ

ある程度のお土産が期待できる沖釣り。できれば連休の初日に行きたい所ですよね。しかし「この日しか休めない」「明日逃してしまうと海は大荒れ」等々、思い通りにいかないことも多々。今回は「翌日は仕事」パターンにおすすめの沖釣りを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

第3位 タチウオ

ウロコがなく小骨も少ないことから、下処理が比較的ラクな魚。型も良く(メーターオーバーのドラゴンも)、出刃包丁1本で大胆に捌けます。内臓とって3等分にぶつ切りにするだけでも最低限の下処理はOKなので、ツ抜けしたとしても慣れていれば1時間もかかりません。

「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモ尾の部分等はそのままから揚げ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

釣り方も、エサ釣りは勿論、ジグ(ルアー)やテンヤ等、道具仕立てがお手軽で、ゲーム性が高い点も魅力。

「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモ稀に釣れすぎることもあるので注意(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

第2位 マダコ

ウロコがなく骨もないので下処理はナシ、と言いたい所ですが…かなりのヌメリがあるので、これを丁寧に取ってやる作業が必要となります。とはいえ、他の魚に比べたら圧倒的に下処理はラクといえるでしょう。

ヌメリを取ったら、その日に食べる分以外はそのまま冷凍保存。しかもマダコ、一度冷凍した方が、身が柔らかく食べやすくなります。余裕があれば、胴体をひっくり返して、内臓を取り除いてやると尚可。

「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモ最悪、ヌメリ取りが後になってもOK(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

マダコはどう料理しても美味しいのですが、当日のオススメは、塩茹でし、そのままマヨネーズちょん。簡単で最高に美味しいです。

釣り方も最近はタコエギ(ルアー)が主流。根掛りのようなアタリから一呼吸置いてフッキング、そして一気に浮上させる、といった独特の釣り方なのですが、これが結構癖になりますよ。

「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモ定番茹でダコ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

第1位 フグ

下処理を釣り船宿でやってくれる、唯一無二のターゲット。釣りの後は、スーパーで切身を買ってくるのと同じ感覚です。そして、近年は関東地方でも超高級魚のトラフグが混じることも魅力。筆者は毎度気合を入れてやや太めの仕掛けで臨んでいますが……次回こそ!

「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモたくさん釣れれも問題ナシ!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

また、この釣りは以外と本命以外の魚もよく釣れ、年によってはカレイやホウボウなどが多く混じる年もあるので、こういう年の「翌日仕事釣行」は要検討。

「翌日は仕事」の1日休みに最適な沖釣り3選 帰宅後の処理時間がキモあとは料理するだけ!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページで番外編にランクインした意外な魚とは!?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。