西伊豆サーフのメッキゲームでシーズン初の本命キャッチ 今後に期待大

西伊豆サーフのメッキゲームでシーズン初の本命キャッチ 今後に期待大

8月21日(日)、静岡県西伊豆の仁科大浜海岸で今シーズンの初メッキ釣りを楽しんだ。荒れたあとだったが、今シーズンもまずまずの魚影を確認することができた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

大田子海岸でメッキゲーム釣行

この日はゆっくり出発し、まずは10時ごろに大田子海岸で状況チェックしてみた。右側の河口寄りは海水浴エリアから外れており、海底には大きめの岩が点在する。この岩周りにベイトフィッシュが溜まっていることが多く、それを狙ったメッキやセイゴが集まってくる。

まずは、このエリアでキャストしてみた。少し深くなっている辺りで、セイゴが突然の入れ食いになる。サイズは20~25cmで、シーズン初期なので小振り。

メッキの反応はないので、漁港内に移動。港内のスロープでキャストすると、10cmほどのメッキがヒットしてきた。今シーズンの初物なので、小型だけど嬉しい。

セイゴの入れ食いにメッキも連発

あとが続かないので、仁科大浜海岸へ移動。右側はまだ海水浴場エリアなので、左側寄りの河口までを探り歩くことにする。

西伊豆サーフのメッキゲームでシーズン初の本命キャッチ 今後に期待大ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

するとすぐにセイゴの入れ食いが始まった。サイズも30cm級交じりで釣れ続く。釣っては逃がしの繰り返しで、なかなか移動の足が進まない。

少しずつ河口に向かっていくと、水が左から右へ流れ始めている。潮がいい感じで川の流れ出しにぶつかって、複雑な動きを演出している。

西伊豆サーフのメッキゲームでシーズン初の本命キャッチ 今後に期待大ポイントの様子(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

この辺りで流れに乗せながら連続トゥイッチすると、すぐにメッキがヒットしてきた。サイズは大きいもので15cmほどだが、群れに当たったようで5尾ほど連発。

今シーズンに期待大

その後は群れが去ってしまったのか、再びセイゴの入れ食いに。これはこれで楽しいのだが、小雨が降り始めてしまった。仕方なく、1時間ほどで釣りを終えることにした。

西伊豆サーフのメッキゲームでシーズン初の本命キャッチ 今後に期待大セイゴが入れ食い(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

セイゴは波裏の濁りに隠れていたようで、すぐにヒットしてくれた。メッキは潮の動きがある場所で、かつ濁りと澄みの境界辺りでヒットすることが多かった。

いずれの魚種も魚影は濃そうなので、今シーズンの釣行が楽しみだ。徐々にサイズアップしてきたら、水温低下とともに群れもかたまって釣りやすくなるだろう。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
仁科大浜海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年9月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。