三重・津市でのキス投げ釣りで20cm頭に104匹 風吹くと大型チャンス?

三重・津市でのキス投げ釣りで20cm頭に104匹 風吹くと大型チャンス?

8月11日から夏季休暇に入ったので、初日に三重県津市の香良洲海岸へ投げキス釣行に出かけた。7連や8連など連掛けも多数で好釣果となった模様をお届けしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

香良洲海岸で投げキス釣り

最近の気象は変化が激しく、天気予報を見て雨が降らないと出かけると、出先でゲリラ豪雨に見舞われることが多々ある。自然が相手なので気象予報も確実ではないのかもしれないが、ものの見事に外れるとつらい。

この砂浜は近年アマモの海藻が増えており、厄介な障害物となっている。掛かったキスがアマモに引っ掛かって外れてしまうからだ。ある程度回避できるが、やはりキス釣りキャスターの天敵。そうは思っても、海藻が多いため良型のキスが釣れる。数型の両方狙えることが魅力だ。

三重・津市でのキス投げ釣りで20cm頭に104匹 風吹くと大型チャンス?タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

三重県津市の香良洲海岸には午前4時30分ごろ到着。潮は大潮で、満潮が午前4時40分、ほぼ引き潮の時間帯の釣りとなる。あまり良い潮ではないが、潮を選んで釣行できないので仕方ない。

できるだけアマモの少ない所でサオを出したいので、松林から南に向かって身体障害者の駐車場近辺でサオを出す。この浜は南に行くほどアマモの生息が少ないようだ。

しばらく浜を見ていると、友達が到着した。あいさつを済ませ、釣り具を持って浜に出た。車から砂浜が近いのは、暑い時期には便利で安心。いざというとき車に避難できるのがありがたい。

小型のキスから顔見せ

支度を終え、エサを付けて第1投は3色半(1色は25m)へ投入。少し距離が足りなかったが、早朝は近くにキスがいるときがある。ゆっくり探りを繰り返すがアタリが出ない。近くにキスはいないのか。1色に差し掛かったところで仕掛けを回収すると、やはり素バリだった。

第2投は4色半へ投入。探りを開始すると、すぐにサオ先にアタリが伝わってきた。追い食いを狙って繰り返すと、しばらくしてアタリが出た。そのまま探り、1色残して回収すると、小型のキスが2連で掛かっていた。少し期待外れだ。潮が満ちていなければもう少し沖から仕掛けを引きたいが、キャストするスペースが狭いので仕方がない。

状況好転し7連8連を連発

3投目、4投目とキャストを繰り返すと、徐々にキスのアタリが出るようになってきた。少ない数の連掛けを繰り返して追加しているうちに、砂浜が広くなってきた。引き潮が始まったようだ。

砂浜が広く使えるようになったので、少し遠くから探ってみようと5色へ投入。仕掛けの着水を確認し、素早くイトフケを取って探り始める。キスのアタリが出るまでは小刻みに、少し時間の間隔を開けて探り、アタリが出たところで探る速さを調整すると、連で掛かることが確認できた。

3色ほど残して仕掛けを回収すると、キスが4匹掛かってきた。最初のころより海の状態が良くなってきたようなので、ハリの数を6本から12本にしてキャストを繰り返すと、キスが7連、8連と掛かるようになった。

東からの風でサイズアップ

潮が引いてくると、朝からいた釣り人が少しずつ減り始めた。私としては、順調に釣れるので、左右の近くに人がいないのはありがたい。横に空きができたので、前後だけではなく左右にもキャストしてみると、左右の沖はフレッシュなのか5色半から4色半の間で頻繁にアタリが出るようになり、7連、8連が多くなってきた。

三重・津市でのキス投げ釣りで20cm頭に104匹 風吹くと大型チャンス?12本バリ仕掛けで7連(提供:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

5色前後の範囲を繰り返しキャストしていると、徐々に東の風が出てきた。さらに海の条件が良くなった気がする。東からの風で水面がざわつくと、キスのサイズがアップする。警戒心が薄れて活発にエサを捕食するようになるからだ。

波が立ち始めると、やはり釣れるキスのサイズがアップ。相変わらず距離は5色前後から3色までだが、明らかに良型が多くなってきた。風が吹いて少し涼しさを感じながらキャストを繰り返し、キスを追加した。

次のページで最終釣果は104匹キャッチ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。