熊本の堤防ちょい投げ釣りで20cm級を筆頭に「秋ハゼ」が入れ食い 

熊本の堤防ちょい投げ釣りで20cm級を筆頭に「秋ハゼ」が入れ食い 

熊本市近郊のハゼ釣りがシーズンを迎えた。堤防から手軽に狙え、釣れる確率も高い。8月17日に釣行した時は、わずか1時間のサオ出しで納得の釣果に恵まれた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ハゼ釣りのシーズン

熊本市近郊のハゼは秋から初冬がシーズン。満潮前後にイソメをエサにしたちょい投げなどで狙う。型は10~15cmあり、時折20cm前後の大物がくる。潮次第では20~30cmのハゼクチ、セイゴ、イシモチなども交じる。

熊本の堤防ちょい投げ釣りで20cm級を筆頭に「秋ハゼ」が入れ食い 当日のポイント(作図:TSURINEWSライター松田正記)

まずは熊本港近く

この日の満潮は正午ごろ(同県宇城市三角港)。これに合わせて午前11時ごろ、まずは熊本港近くの護岸をのぞいてみた。先客の邪魔にならないよう釣り座を構え、準備に。ハリは刺さりがよく、食い込みやすい流線の9号を選択し、ちょい投げで15mほど先に仕掛けを投入した。

リールを少しずつ巻きながら誘うと、すぐにアタリがきた。上がったのはリリースサイズのマハゼだ。型を狙って2投目。これは魚信がなく、3投目も反応がないことから、場所を移動することにした。

五番漁港

次に向かったのは車でわずか5分の四番漁港。ここも先客がいて、シーズンインの賑やかさ。やむを得ず隣接する五番漁港に行った。同港は外波止が空いていて、突端から釣りを再開した。

熊本の堤防ちょい投げ釣りで20cm級を筆頭に「秋ハゼ」が入れ食い 当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

足元で魚信頻繁

手返しすること3投目、ようやくアタリがきた。穂先がプルプルッと震え、軽くアワセを入れると、サオにのった。テンションをかけたままリールを巻き、そっと抜き上げたのは18cmほどのマハゼだ。このまま勢いにのるかに思えたが、後が続かないため、今度は足元を探ってみた。これが的中したのか、10~15cmが連発し始めた。

次のページで20cm級ハゼも登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。