愛知で仲間と気ままなボート釣り堪能 アジ・サッパ・キスを快釣

愛知で仲間と気ままなボート釣り堪能 アジ・サッパ・キスを快釣

8月6日、愛知県の新舞子沖へ、小アジとキスの楽しいリレー釣りに釣友2人と出かけた。当日は釣友の小崎キャプテンからうれしいお誘いで、プレジャーボート乗り場に向かった。早朝に出船し、新舞子沖の小アジポイントに向かった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

新舞子沖でアジ&キス釣り

沖は曇天で波風ともに弱く釣り日和だ。やがてポイントが定まると、アンカーが下ろされた。その周囲は数隻のプレジャーボートが浮かび、サオを出している。私は右舷トモ、小崎キャプテンは左舷胴の間、恵さんは左舷トモからサオを出す。すると近くの船のサオが曲がり、小アジを鈴なりで上げる光景が見えた。

小崎キャプテンから「水深6m、タナは底、オモリ15号」と指示が出る。アミエビをコマセカゴに詰め、サビキ6本バリ仕掛けを落とす。オモリの着底と同時にサオを持ち上げコマセを出す。これを繰り返して、小アジの群れを寄せる。

すると2投目でサオが小刻みにたたかれた。うれしい引きが手元に伝わる。追い食い狙いで少し待つと、再びサオがたたかれた。ここで巻き上げると、小アジが4連で上がってきた。手繰り寄せると、小アジが暴れて1匹が外れて海に落ちた。

アジ&サッパが大爆釣

しかし、ここから小アジが大爆釣。仕掛けを落とせば、空振りなしで小アジの入れ食いが続く。そんななか、水深3m前後で少し強いアタリが出た。上げてくると、15cm前後のサッパが2連で掛かっており、一番下のハリには小アジもいる。

愛知で仲間と気ままなボート釣り堪能 アジ・サッパ・キスを快釣アジ4連掛け(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

恵さんと小崎キャプテンは潮の流れの関係か、最初は小アジの単発ばかり。ここで小崎キャプテンは、私が使用しているオーロラサバ皮の小アジ専科は食いがいいので、全員同じ仕掛けに統一するように指示が出た。

ここから全員小アジ、サッパの多重連の入れ食いで、船上はお祭り騒ぎになった。しばらくして恵さんから弾んだ声。見るとサオが激しくたたかれており、ゆっくり巻き上げている。「うわ~。すごい、すごい!」と満面の笑顔。それもそのはず、6本バリに小アジがパーフェクトで掛かっていた。

愛知で仲間と気ままなボート釣り堪能 アジ・サッパ・キスを快釣6本バリにパーファクト(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

その後も小アジ、サッパの入れ食いは止まらない。結局3時間ほどの釣りで、クーラーボックスが満タン近くになった。釣り上げた魚は鮮度を保って持ち帰るため、クーラーボックスで大量の氷で冷やして保存する。

次のページでキス狙いに転戦し21cm頭に快釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。