佐渡沖の中深海釣りでホッケ入れ食い タラ不発も好ゲストのカレイ浮上

佐渡沖の中深海釣りでホッケ入れ食い タラ不発も好ゲストのカレイ浮上

タラとホッケは夏にイメージがない魚かもしれないが、実は脂のりが最高にいい時期だ。そこで、今回、直江津漁港の遊漁船【里輝丸】にて釣行。佐渡沖での遠征釣行の模様をレポートしよう。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤岡和貴)

藤岡和貴

長野県を発信基地とし、信越地方の釣りを皆様にお届けしています。【かっちゃん本日釣り日和☀️】動画投稿もしています。あわせてよろしくお願いいたします。

×閉じる

船釣り エサ釣り

タラとホッケは夏が絶品

タラとホッケは夏にイメージがない魚かもしれないが、実は脂のりが最高にいい時期なのだ。

タラはよく冬場の鍋材として重宝される。価格も安定して水揚げもいいからだろう。いわゆる旬だ(※旬とは産卵に向け近海で水揚げが多く価格が安定することを指す。決して食べてうまいと言うことでもないので注意が必要だ)。冬場は産卵の時期。白子や鱈子に栄養が集中するため身の本来の旨さは少ないが、夏のタラはまだ活発に補食している時期のため、身がしっかりしている。

ホッケも同様に産卵期が冬から春のため身に栄養がなく痩せており、食べることを前提に考えると寂しさを感じてしまう。だが夏場のこの時期はタラと同様に活発に補食しているため脂のりがいい。しかも深海五目釣りの中でも比較的に簡単に釣れる魚であるので是非チャレンジして欲しい。

佐渡沖の中深海釣りでホッケ入れ食い タラ不発も好ゲストのカレイ浮上夏においしいタラ(提供:TSURINEWSライター藤岡和貴)

佐渡沖まで遠征釣行

今回は、直江津漁港の遊漁船里輝丸にて釣行。里輝丸は直江津漁港では屈指の人気のある遊漁船だ。特に乗っ込み時期のコマセマダイは人気が高く、予約殺到で連日満席が続くほどだ。最近では新たな釣りの開拓を目指し遠征も行っている。

本来この時期は名立沖周辺で深海五目を行っている。狙いはもちろんタラ中心だ。しかしながら、この時期は他の遊漁船を含めて自ずと同じ名立沖に集中する。狙いが少ない夏場の釣りとしてタラは人気で比較的に大物が期待出来るからだろう。ただし名立沖はポイントが少ない上に遊漁船が多い。直江津港・名立漁港・能生漁港とひしめき合っている。そのため今回の里輝丸は新規開拓を求めて遠征を試みた。

佐渡沖の中深海釣りでホッケ入れ食い タラ不発も好ゲストのカレイ浮上利用した里輝丸(提供:TSURINEWSライター藤岡和貴)

佐渡沖

実は佐渡沖はタラを中心とした深海系の魚が豊富とされる。一番のポイントとしては遊漁船が少ないことも釣果が繋がるだろう。釣り過ぎるということがないのだろう。またポイントは名立沖のように岩礁帯ではない。起伏の穏やかな場所は根掛かりの可能性も少なく、初心者にも釣りやすい場所が多い。

また余談であるが、佐渡沖は大和堆に近い。この場所はスルメイカなど水産資源も豊富で多くの魚が集まる。特にタラは何でも食べる雑食性だ。エサが多ければ多いほどタラも多いと推察する。しかし直江津漁港から佐渡沖まで約1時間半かかる。新しいチャレンジにはリスクは付き物だ。だが、チャレンジしてこそ釣り人の性ではないだろうか。

ホッケ釣りスタート

まずは、ホッケから狙っていくことにした。

仕掛け

仕掛けは基本的には市販のものでいいと思われる。上越の釣具店【いとう釣具店】で購入した。

エサ

エサはホタルイカがいいとされる。釣り具屋で購入しても用意してもいいが少し高い気がする。そのため、今回はネット販売で業務用を購入した。根魚を中心に年間狙うようであればお買い得である。

エサの付け方は、ホタルイカの胴を縫うように刺していく。8本バリの仕掛けすべてにホタルイカを刺したら船長の合図を待ち投入していく。底取りしながら1mほど巻き上げアタリを待つ。

佐渡沖の中深海釣りでホッケ入れ食い タラ不発も好ゲストのカレイ浮上エサはホタルイカ(提供:TSURINEWSライター藤岡和貴)

入れ食いに

仕掛けを投入後、1m底だちしてからすぐにアタリがあった。ロッドが小刻みに揺れる。さらに追い食いをさせるため。リールを1回転させながら待つと…。ホッケが次々と上がってきた。まさに入れ食い。ハリが8本あれば全部に掛かる可能性も大きい。数時間で30匹を超える釣果となった。

佐渡沖の中深海釣りでホッケ入れ食い タラ不発も好ゲストのカレイ浮上ホッケが入れ食い(提供:TSURINEWSライター藤岡和貴)

次のページでタラ釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。