夜の船タチウオ釣りで105cm頭に36匹 誘うより止めて待つが的中?

夜の船タチウオ釣りで105cm頭に36匹 誘うより止めて待つが的中?

7月25日、焼津市の大井川港からタチウオ狙いで、夏休みに入った小学5年生の娘と釣行した。午前1時に集合したのは7人。私たちは左舷の2番目(娘)と3番目に釣り座を取った。

県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

テンビン仕掛けタチウオ釣り

軟らかめの船ザオに電動リールをセットし、片テンビンに水中ライトとオモリ100号、ハリス10号+ワイヤー10cm、夜光玉6号を2個入れ、タチウオバリ2号を結んだオリジナル仕掛け。エサは船長が用意してくれたサンマの切り身だ。

午前1時30分に出港。終日風がなく、ベタナギの良い釣り日和だった。30分でポイントのウタレ(吉田沖)に到着。定刻の2時に釣り開始となった。水深は50mほど、タナは40~20mだ。

夜の船タチウオ釣りで105cm頭に36匹 誘うより止めて待つが的中?娘もタチウオをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

42mまで落として少しずつ誘い上げる。娘には37mで止めて待つように言う。サオをゆっくりあおりながら上げ、下げるときに30cmほど巻き上げる。20mまで巻き上げるが全然アタリがない。前日は午前3時すぎから釣れだしたとのこと。のんびり待つしかないと思ったら、娘が80cmのタチウオを釣り上げた。

待ちの釣りで入れ食い

そして午前3時、3時半を過ぎた。全然釣れる気がしない。ここで小学生の娘は睡魔に負けて船室に消えていった。

午前4時、夜が明け始めると急にアタリが出た。1発目は空振りだったが、すぐに回収して次を投入、誘い上げるがアタリはこない。だが、置いてあった娘のサオが曲がった。誘いを入れるより、35m付近で止めて待つ方がいいようだ。

前アタリがきたら、サオを持ってゆっくり引っ張るとタチウオがくわえているのが分かる。そのまま引っ張り口元から抜けてもしばらく待つと、もう一度アタックしてくる。2度目のアタックのときはほぼハリ掛かりする。入れ食いだが、誘うと食わないので待ちの入れ食いだ。日が昇って明るくなると終了。短い時間だがタチウオとのやり取りを楽しんだ。

メーター超えドラゴン浮上

そして深場に移動。水深は100m、タナは80mから上を釣ってと指示が出た。だが、ここでも85m付近で待つとアタリがあり、ゆっくり聞きアワせると良い感じに乗った。深場でも同じタナで待っている。手返しは悪いがアタリはあるし、しかも型が良い。

モゾモゾと小さな変なアタリがきた。聞きアワせた瞬間にサオを絞り込む。リールの回転も止まった。タチウオなら良型だ。そのままゆっくり丁寧に巻き上げると、久しぶりのメーター超えのドラゴンだった。

夜の船タチウオ釣りで105cm頭に36匹 誘うより止めて待つが的中?ドラゴン級もきた!(提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

その後も中だるみはあったが食いは良く、飽きない程度に釣れ、午前8時に80~105cmのタチウオ36匹(娘5匹)で納竿となった。夏は涼しい夜釣りが最高だ。

<週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出船場所:大井川港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年8月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。