陸っぱりで青物が簡単に釣れる弓角とは? 使用メリットと釣り方を解説

陸っぱりで青物が簡単に釣れる弓角とは? 使用メリットと釣り方を解説

ショアから青物を狙える弓角。メタルジグやミノーよりも、青物に効率的に食わせられるアイテムです。しかし、「弓角ってどんなルアー?」「弓角の使い方は?」と疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、弓角についてわかりやすく紹介します。ショアから青物を狙いたい方は、確認するようにしましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

弓角ってなに?

弓角とは、魚を釣るために作られた古くからある疑似餌です。プラスチック素材で作られており、比較的軽いルアーとなっています。少し曲がったような形が特徴となっていて、独特な水流を生み出します。また、クルクルと回るようなアクションをするのでアピール力も抜群です。

陸っぱりで青物が簡単に釣れる弓角とは? 使用メリットと釣り方を解説弓角は青物に威力を発揮(提供:TSURINEWSライターあつ)

弓角を使うメリット

弓角を使うメリットについて紹介します。ショアジギやプラッギングをしている方は、目を通してみてください。

マイクロベイトと一緒のサイズ感

弓角は岸際にいるマイクロベイトとサイズ感が一緒です。弓角の大きさは約5cm程度となっています。この絶妙なサイズ感が、マッチザベイトとなり、青物の視覚に訴えかけてくれるのです。警戒心が強い魚にも、効果的にアプローチしてくれます。

アピール力が抜群

アピール力が高いのも弓角の特徴です。キラキラと光るボディと、フックにつけられたフェザーが水中でアピールしてくれます。そして、アクションもクルクルと回る特徴的な動きなので、魚の興味を惹いてくれます。デザインとアクションが魚にアピールしてくれる魅力的なルアーです。

耐久性が高い

弓角は耐久性に優れたルアーです。プラスチック素材で固めて作られており、中に空洞部分がありません。ストラクチャーに当たったり、青物が激しくバイトしてきたりしても、比較的壊れにくくなっています。

次のページで具体的な弓角の使い方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。