防波堤からの落とし込み釣りで42cmイシダイ ガンガゼエサにヒット

防波堤からの落とし込み釣りで42cmイシダイ ガンガゼエサにヒット

長崎県松浦市の防波堤へイシダイ釣りで釣行してきた。当日は、海中の状況を水中カメラで把握し釣りを展開、そして本命イシダイを補足、貴重な1尾キャッチできた。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

落とし込みでイシダイ釣り

7月中旬、真夏の磯も良いのだがとても暑いので、今回は気軽に行ける防波堤のイシダイ釣りで長崎県松浦市の防波堤へ釣行。

防波堤からの落とし込み釣りで42cmイシダイ ガンガゼエサにヒット松浦市広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

午前5時ごろ、初めてだが以前から目を付けていたポイントへ到着。早速準備に取りかかる。仕掛けはいたってシンプルでミチイト12号、ハリス10号の太仕掛けとする。

防波堤からの落とし込み釣りで42cmイシダイ ガンガゼエサにヒットイシダイ落とし込み仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

水中カメラで状況把握

エサ取りが多いと想定し、ガンガゼを100個ほど調達。まきエサ代わりにガンガゼを10個ほど荒割りし、足元にまく。

開始して1時間経過。サオ先にはまったくエサ取りの反応はない。この釣りは、終始手持ちでの釣りとなるため、このアタリのない時間が長いとつらくなる。本仕掛けならピトンにでも掛けられるのだが。

しかし、そうジッともしてられないので、ガンガゼをハリにセットし、荒割りしたものを手返し良く足元に入れていく。

それからさらにもう1時間が経過し、海中の様子を見ようとついに水中カメラを投入。すると、海底でベラやチョウチョウウオなど多少のエサ取りは確認できたが、本命のイシダイはいない。

もう一度、少し離れた場所にカメラを投入してみると、サイズは小さいが浅い場所にイシダイが複数いるのを確認できた。

42cm本命イシダイキャッチ

そこで10m以下の浅い場所にゆっくり仕掛けを落として反応を見ると、ちょうど良い潮の流れもあったせいか、突然イシダイのアタリが。その時、ガンガゼを荒割りしていたので食い込みも早く、そのままサオを絞り込んでいったので軽くアワセを入れるとうまく乗った。イシダイだと確信し、引きを楽しみながら上がってきたのは42cmほどのイシダイ。サイズは小ぶりだが丸々肥えていた。

防波堤からの落とし込み釣りで42cmイシダイ ガンガゼエサにヒット小ぶりだが丸々肥えたイシダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・石田一聖)

ここは初めての場所であまり期待はしていなかったのだが、それだけに貴重な1尾に歓喜した。その後もカメラで確認した通りイシダイはいるのだが、なぜかまったく反応もせず、早めの納竿とした。

<週刊つりニュース西部版APC・石田一聖/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年8月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。