静岡・初島でのウキダンゴ釣りで口太メジナにアカハタをキャッチ

静岡・初島でのウキダンゴ釣りで口太メジナにアカハタをキャッチ

8月5日(金)は小潮で、満潮が10時前後そして15時近くに干潮。前日までは大雨で、当日も雨が残る予報。まだ薄暗い4時に外を見ると、雨は降ってない。予定通り釣行準備して、5時半に出発、釣行場所は、静岡県熱海市の初島。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌太)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

初島でウキダンゴ釣り

海岸線を走り、熱海港に6時半到着。駐車場に車を入れ、荷物を運んで乗車券場で待つ。数人の釣り人が来たので最近の状況を聞くと、エサ取りが多く、カゴ釣りをする人が多いらしい。

7時30分に乗船。約30分で初島に到着。初島でウキダンゴ釣りは初めてだ。堤防内側に、釣り座を確保。北東の風が吹き外海は、やや波がある。曇り空で風が多少吹いており、暑さは感じない。

まずは、ウキダンゴ釣り用のコマセ作り。マルキユーの紀州マッハ1袋をベースに、細びきさなぎ、チヌパワー、アミ姫をブレンドし、バラけやすく仕上げた。磯竿1号5.3mに2500LBリール、ミチイト2号、ハリス1.75号にチヌバリ2号をセットした。

35cm口太メジナ登場

タナを測ると、足下はケーソンが5mくらい先まであるようだ。その先を丹念に探ると、海底に所々石があるのか?根掛かるため、タナはつめ気味にセット。

初島でクロダイがヒットした話は聞かないが、釣れるかもと期待もしながら、付けエサはオキアミでスタート。

静岡・初島でのウキダンゴ釣りで口太メジナにアカハタをキャッチ筆者が絞る(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌太)

潮は、ゆっくりだが、右へ流れている。ダンゴを投入すると、数秒で崩壊する。数投投げると、エサ取りらしきアタリが出始め、ベラ、ネンブツダイが食ってくる。

しばらくすると、エサ取りとは違うアタリ。アワせると、手ごたえのある引きを感じる。姿を見せたのは約35cmの口太メジナ。

30cm超えアカハタ手中

再びアタリがあり、メジナとは違う引き。根に入られたが引き出すことができ、タモ入れ成功。嬉しい魚・アカハタだ。それも30cmオーバーだ。その後は、ハリス、ミチイトが切られるほどの魚を数回掛けた。

静岡・初島でのウキダンゴ釣りで口太メジナにアカハタをキャッチゲストのアカハタ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田邉昌太)

風が収まり太陽も出始めると、暑さも感じるほどに。熱中症に気をつけて11時には納竿。道具を片付け、釣り場周辺の掃除をした。

久しぶりの初島だったが、やはり魚影は濃いと感じた。その反面、釣り場にゴミ、ハリス、ハリなど散乱していることにがっかり。自分で出したゴミは持ち帰り、釣り場の掃除も、と感じながら帰路に就いた。

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
熱海・初島
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年8月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。