イカダのカカリ釣りでサンバソウが連発 採取したカラス貝が大当たり

イカダのカカリ釣りでサンバソウが連発 採取したカラス貝が大当たり

8月2日、クロダイの魚信を感じたくて福井県敦賀市名子のファーストハーバーツルガに釣行した。クロダイは釣ることができなかったが、サンバソウを爆釣させることができ、その内の1匹はイシダイと呼んでもいいような良型だったので、その模様をリポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

イカダでクロダイ釣り

当日は午前6時半に渡船店に着き、手続きを済ませて道路を隔てた船着き場に向かった。そして船長にお願いして船着き場に付いているカラス貝を採らせてもらったのだが、当日はこのカラス貝が大活躍してくれた。

ペレットを使ってクロダイを釣ろうと思っていたので、イカダに渡ったらペレットの上まき。次に練りエサをハリに付けてナチュラルに落とし込んでみた。実はこの釣り方を試すのは初めて。想定していたが、2時間が過ぎても全くアタリが出なかった。

当日のエサとタックル

次の手段をと考えたのがカラス貝の釣り。つぶした10粒ほどを上まきして、残りの中から大粒の貝を選んでむき身にしてハリに刺す。

タックルはイカダザオ2.1mに下向きリール、ラインはナイロン2号、オモリは1号、ハリスはフロロカーボンラインカーボン1.5号1ヒロ半、チヌバリ3号。この長めのハリスとオモリが良い結果を出してくれた。

ヒットパターン

重いオモリで13m下の海底まで直下させ、上まきをしたカラス貝に魚が寄っているだろうと想像してアタリを待つ。ヒットパターンは、長いハリスとハリがフワフワと沈み、なじんだころに微妙なアタリが穂先に出た。

ここでアワセを入れていたが何回も空バリを引いたので、次にアタリの後に穂先をゆっくり持ち上げて聞いてみた。すると、追い食いをするのか穂先がグッと引き込まれた。いい感じだ。ヒットした次の瞬間に首を振る魚の心地いい引き。

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。