福岡でボートキス釣りを満喫 濁りに苦戦も20cm頭に本命23尾手中

福岡でボートキス釣りを満喫 濁りに苦戦も20cm頭に本命23尾手中

7月17日、この日の釣りは福岡県行橋・蓑島海岸沖でのボートキス釣りだ。潮が満ちてくると濁りが発生して入れ食いとはならなかったが、納竿した正午までに20cmを頭に2人で23尾の釣果を得た釣行の模様をお届けする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

簑島沖の特徴

当日の同行者は岩本さん。岩本さんは蓑島沖でのキス釣りは初めてとのことなので、釣り場の説明とキスの釣法を教えた。ここの釣り場の特徴として、近くには長峡川・今川・江尻川と3本の河川が流れており、蓑島の北側で合流して海へと流れ込んでいる。そのため魚種は豊富で、河口近くではスズキ、チヌ、キス、ハゼ、ウナギ、マゴチなどが釣れる。しかし、蓑島沖で釣れる魚はキスが主流である。

ここでやっかいな問題がひとつある。それは小フグが釣れること。フグにハリをのみ込まれてしまうとハリスが切れてしまう。そのため仕掛けを作り直さなければならず、予備の仕掛けもたくさん用意する必要がある。海底はほとんど砂地なので根掛かりの心配はほぼない。

福岡でボートキス釣りを満喫 濁りに苦戦も20cm頭に本命23尾手中釣り場周辺略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

ボートキスの釣り方

釣り方は、軽く20m前後投げ、仕掛けが着底したのと同時にイトフケを取り、仕掛けを少しずつ手前に寄せてキスのアタリを待つ。この時、キス特有のツーン・ツーンとサオ先をひったくるようなアタリがあったときは手前に寄せるのを止めて、その場でイトを緩めてキスがエサを食い込むまで待つ。

その後、仕掛けを手前に寄せた時に再びキスのアタリがあればその時は軽く手首でアワセを入れてやればハリ掛かりする。キスが釣れた後はイトを緩めずリールを巻き、ボート下までキスが来たら一気にボートの中にぶり上げる。

福岡でボートキス釣りを満喫 濁りに苦戦も20cm頭に本命23尾手中釣り場風景(提供:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

当日の仕掛けとエサ

私の仕掛け(通称「キスまっしぐら」)の特長はキスの目を引くように赤色のビニールパイプやグリーンの発光玉、ガラスのビーズ玉などをハリのチモトに付け、ハリはキス競技用10号の2本バリだ。

エサだが、7~8月は釣行日前日に白石の浜で掘ってきたもの(大きさは本虫と同じくらい、真っ赤な体色をしている)。キスがいつも食べているエサなので食いが悪いはずはないだろう。

ちなみにエサの採り方は、干潮時に小型スコップ持参で虫の目(穴)を探すことから始める。穴は大きく3通りあり、1)砂で小さな煙突(約5mm)を作っている、2)小さな穴が開いている(マテ貝の穴とよく似ている)、3)フン(灰色)がたくさん塊となって積み上がっている。初心者はフンを見つけるのが一番分かりやすいかもしれない。

福岡でボートキス釣りを満喫 濁りに苦戦も20cm頭に本命23尾手中タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・浦野泰弘)

次のページでいよいよ釣りスタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。