釣りライターになって良かった事ベスト3 駆け出しライターが激白

釣りライターになって良かった事ベスト3 駆け出しライターが激白

駆け出しの釣りライターである筆者。今回は、TSURINEWSのライターになって良かった事BEST3をお届けしようと思います。同じく現役ライターの方も、そうでない方も、ぜひ読んでいただけたらと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

その他 お役立ち

TSURINEWSライター

「TSURINEWSのライター」。言わずと知れた、釣りに関する記事を書く仕事である。私個人の事を少し書くと、TSURINEWSのライターに採用されて半年以上、釣行記や釣りに関連する様々な記事を書いてきました。釣りの他に、競馬や野球、モータースポーツなどが好きで、その手の新聞やコラムをよく読んでおり、文章を書く事そのものは好きでした。

が、しかし、ライターとしては全くのビギナーです。いわゆる駆け出しです。こんな駆け出し丸出しの私の拙い文章を、何とか”記事”として皆様の前にお届けできているのも、ひとえに編集部の方々のおかげだと思っております。決してヨイショではありません。これは本当にそう思うのです。

釣りライターになって良かった事ベスト3 駆け出しライターが激白素材探しにアンテナを張る必要もある(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

釣りを仕事とする憧れ

キザな事を言えば、釣りのライターは釣りを仕事としている憧れとプライドで動いていると思います。釣りをしていれば、特にルアーフィッシングをやる方などはプロに憧れ、いつかは自分も表舞台に立って釣りを仕事としたい!ルアーやロッドの開発に加わりたい!トーナメントで勝ちたい!そんなふうに思ったことがある人もたくさんいるでしょう。筆者も思いました。しかし、いつしか本業の忙しさに夢は埋もれ、家庭を持てば現世では無理だと思い知らされる事でしょう。

ライターはハード?

では、ライターならどうかと言えば、〆切に追われ、実釣と記事の作成を行い、編集部にはダメ出しチェックされ、雀の涙ほどの原稿料を貰う…、こんなイメージがありませんか?筆者は他がどうかわかりませんが、原稿料はさておき、少なくともTSURINEWSにはそれはありません。もちろん常識の範囲内でですが、素人の筆者でも書きたいように書かせてもらっています。

釣りライターになって良かった事ベスト3 駆け出しライターが激白目まぐるしく変わる世の中(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

釣りでお金を貰うプライド

特別〆切などもないので、本業の合間でも続けていけます。報酬(原稿料)もいただいておりますので、釣りを仕事にしているという、プライドもあります。昔からの憧れが叶い、原稿料も貰える。この際、なんと素晴らしい事か!そういった気持ちなくして釣りのライターなど続けて行けません。その点でもTSURINEWSの編集部の方々には感謝しかありません。

釣りライターになって良かった事ベスト3 駆け出しライターが激白

次のページでライターになって良かった事を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。