レンタルボートでライトジギング&タイラバ堪能 マダイ&青物を好捕

レンタルボートでライトジギング&タイラバ堪能 マダイ&青物を好捕

ジリジリと照りつける日差しにこたえる日々が続く今日このごろ。そんな汗ばむ季節でも楽しめる福井県・敦賀沖のSLJ(スーパーライトジギング)についてお伝えしようと思う。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

レンタルボートでSLJ

7月24日に向かったのは敦賀市沓のマリンサービス宗。親父と松井さん、松井さんの友人の4人でボートをレンタルし、水深70m付近へと船を走らせる。

レンタルボートでライトジギング&タイラバ堪能 マダイ&青物を好捕タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

タックルは上図の通り。潮はそこまで効いていないので、ますはネコメタル60gで様子をチェックする。アクションはワンピッチで、5回ほどシャクって止めての繰り返し。何投かしたところでボトム少し上ぐらいで、ゴッと小気味いいアタリが訪れた。

幸先よくサバ&アジキャッチ

上げてくると30cmちょいのマサバが姿を現した。サイズは少し控えめだが、数がそろえばうれしいお土産になる。数を稼ぐために、再びジグを落とす。

レンタルボートでライトジギング&タイラバ堪能 マダイ&青物を好捕中層でマサバヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

今度はボトムから10mほどシャクり上げたところで、ゴンッというバイト。上げてくると、今度は40cm近いアジだ。昼間にアジが釣れるとは思っていなかったので、これはうれしい1匹だ。

50cm級マダイWゲット

そしてここでタイラバをしていた親父が、50cmほどの良型マダイをキャッチ。

レンタルボートでライトジギング&タイラバ堪能 マダイ&青物を好捕良型マダイキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

「いいなぁ……」と指をくわえて見ていると、私にもガンッと強いバイトがあり、ジィィイイッとドラグが鳴り響く。上げてくると、赤い魚影が姿を現した。釣り上げたのは50cm弱の良型マダイだ。

50cm級ハマチ顔見せ

その後アタリがピタリと止まってしまったので、今度は立石~白木間へナブラを探しに船を走らせることに。ひと通りナブラを探すが、はるかかなたに一度起きただけで、青物の気配は一切感じられない。そこでここまで来たならと、もう少し走らせてオオグリへ向かった。

到着すると、ボトムから10mまでの間にベイトの反応がちらほらと確認できた。20分ほどジグをシャクっていると、松井さんに待望のハマチがヒット。これはチャンスだ。

レンタルボートでライトジギング&タイラバ堪能 マダイ&青物を好捕オオグリでハマチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

再度船を着け直してわずか5分ほどで、松井さんとその友人にヒット。そして一歩遅れて私にもガツンと強いバイト。アワセを入れると、ジィィイイッと小気味良いドラグ音が響く。上がってきたのは、50cmほどのハマチ。コロコロとした魚体で、いかにもおいしそうだ。

次のページは帰りがけにナブラ発生!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。