熊本の夜の堤防釣りで50cm超え頭に良型ヒラ連発 イソメエサにヒット

熊本の夜の堤防釣りで50cm超え頭に良型ヒラ連発 イソメエサにヒット

三角周辺(熊本県宇城市)の夜釣りで、ヒラが釣れ始めた。型にばらつきはあるものの、短時間で数が望める。8月2日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ヒラ釣りのシーズン

三角周辺のヒラ釣りは夏から秋がシーズンで、陸っぱり(堤防)からのナイターで狙う。型は30~40cmを中心に50cm前後交じり。時折60cm級の大型もくる。アオムシ(イソメ)をエサにした電気ウキ仕掛けで釣るのが一般的だ。

最近はジグヘッドにワームをセットしたルアーで狙う人も増え、「ターポンゲーム」としても人気上昇中だ。

熊本の夜の堤防釣りで50cm超え頭に良型ヒラ連発 イソメエサにヒット三角周辺図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

まずは外灯下へ

この日は午後10時ごろに現地に着き、まずは大田尾漁港から攻めてみた。ウキは遠近自在に探れるLFスマート、ハリは細身で刺さりがいい速手チヌをチョイス。港内の外灯下に釣り座を構え、1ヒロのタナで探りを入れた。

期待の1投目、潮の動きが鈍いためか、小魚の波紋すら見えない。2~3投したもののアタリはなく、すぐに見切りを付けて場所を移動することに。

熊本の夜の堤防釣りで50cm超え頭に良型ヒラ連発 イソメエサにヒット当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

40cmヒラ登場

次に向かったのは通称・三角西港。ここも外灯下を狙ったが、見事に不発。再び大田尾漁港に戻り、今度は外波止の真っ暗な場所を選んだ。

ここは潮が適度に流れ、仕掛けをどんどん流していくと、1投目から電気ウキが海中にスパッと消えた。間髪を入れずにアワセを入れると確かな手応え。小気味いい引きを味わいながら、タモに収めたのは40cmほどのヒラだった。

次のページで50cm超えの本命登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。