リレー船釣行:イカメタル&完全フカセの贅沢時間【福井県・越前町】

8月末、福井県・越前町大樟(おこのぎ)港から深夜便を仕立てた。夜はイカメタルでマイカ狙い、明るくなったら完全フカセ釣りでヒラマサ狙い。1度で2度楽しいリレー釣りに出かけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

午前1時に出船

釣友の杉山さんと一緒に向かい、港で舟津さんと合流した。

午前1時に船に乗り込み、越前岬沖のマイカ魚礁へ向かう。

50分くらいでエンジン音がスローになり、アンカーが入って船体が安定すると、「水深43m、底付近から誘ってください」と船長の指示が出た。

良型マイカ!

沖はベタ凪でイカ釣り日和。夜が明けるまではおいしいマイカを仕留めたい。私は右舷のトモ、杉山さんは左舷トモ、舟津さんは右舷ミヨシで準備を整えた。

イカメタルタックル図

私はイカメタル、2人は胴つき仕掛けを投入すると、舟津さんが数投目に良型のマイカを仕留めた。ヒット数値は20m付近。

杉山さんもマイカを2匹上げて続く。潮は緩く、マイカ釣りには申し分ない。

底からソフトに誘い上げるとイカの乗りが伝わった。ゆっくり巻き上げると生命反応は確かにある。

イカの鋭い突っ込みは楽しく、しかも重量感ある引きは半端ない。やがて大型のマイカが浮上。胴長38cm。

うれしいサイズに大満足だ!

入れ掛かりタイムはないが、良型ぞろいだから楽しい。

やがて薄明るくなってきてポイント移動が告げられた。

完全フカセの準備をする。

次ページで第2ラウンド開始!