タチウオジギング釣行:なんとかツ抜けで一安心【東京都・吉野屋】

8月末、東京湾深川木場の吉野屋へ、釣友の岡本氏とジギングタチウオに釣行。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

走水沖でスタート

当日のタックル図

7時出船、ポイントの走水沖へは1時間ほどで到着。仮眠していたキャビンから出て、周りを見るといつもの大船団はなく、あちらこちらに点在している。

旋回しながら魚群を探したあと、8時30分ごろ船長から「底から20mくらいまで探ってみて」とアナウンス。みんな一斉にジグを落として釣り開始。

しばらくは忍耐の釣り

左舷側ではヒットがなく、次の流しでいいサイズのアジが2尾上がった。その後、やっとタチウオが2~3尾ヒットする。

しかし、私たちにはなかなかアタリがなく、周りでも釣れていない人のほうが多かった。キャッチした人のジグやカラーは、特にこの色といった偏りはなく、巻きが合わないと釣れないようだった。

こうなると自分が思うジグを信じて、アクションや巻方をいろいろと変えていく。この日も気温は高く、太陽はジリジリと焼きつけるようだが、風を受けていると比較的過ごしやすかった。

次ページでようやく本命顔見せ!