三重・宮川河口の「前打ち」釣りで52cm頭に良型クロダイ3匹手中

三重・宮川河口の「前打ち」釣りで52cm頭に良型クロダイ3匹手中

梅雨明け宣言が出たが、すぐに雨の日が続き、梅雨に戻ってしまった感がある7月4日、三重県の宮川河口へ前打ちに出掛けた。夕マヅメから夜釣りで狙い、年無しを頭に3匹の本命をキャッチしたので、その模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・加藤司)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

宮川河口で前打ち釣り

雨が降ったりやんだりの天候なので雨カッパを用意して、現地には午後5時30分に到着。釣り人は誰もいないようだ。事前の情報ではエサはカニがいいらしいので、早速現地で20匹ほど採取した。その後、ポイントに移動して仕掛けを準備。潮は中潮、干潮からの上げ潮で期待できそうだ。

三重・宮川河口の「前打ち」釣りで52cm頭に良型クロダイ3匹手中タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・加藤司)

5号バリに3Bのオモリを付けてカニを落としてみる。何回か誘ってみるが生命反応なし。5mほど移動して誘ってみると、コッとアタリ。アワせるほどではないので待ったが変化なし。回収すると噛まれた跡はない。

年無しクロダイに圧倒

元気なカニに交換して投げ入れる。繰り返し上に誘っていると、コッコッと確かなアタリ。すぐにサオで聞くとグッグッともたれた。ここぞとばかりに掛けアワせると、すごい重量感が伝わった。クロダイだ!強烈な締め込みが始まり、ラインが出ていく。この引きと重さに大物の予感。

三重・宮川河口の「前打ち」釣りで52cm頭に良型クロダイ3匹手中宮川河口のポイント(提供:週刊つりニュース中部版APC・加藤司)

沖に走るのをサオの弾力で止めて寄せるが、すぐに反転される。今年初の取り込みのため、ぎこちなく駆け引きして浮かせると、金色に光ったクロダイが見えた。大きい!その風貌に圧倒される。

タモ入れに3度反転されたが、なんとか無事に成功。圧倒的な魚体に心を奪われ、興奮しながらカメラに収めた。今年初の前打ちクロダイ。しかも年無し。胸の高鳴りが止まらない。

日没前に良型追加

時刻は午後6時半。日没前の釣果に満足し、続けてカニを投入。誘うがアタらない。探りながら場所を移動するが変化なし。30分ほど探ったが、元の場所に戻った。

サオ1本ほど前方にカニを落として待っていると、特有のコッコッとらしきアタリ。軽くアワせると、グッグッと押さえた。サオをあおると重い。これも大物だ。すぐに締め込みがあったが、岸に走られたのでサオを立てて寄せる。今度は反転して抵抗。ラインを止めてサオの弾力で引き寄せる。魚体が見えた。これも良型だ。慎重にタモ入れして仕留めた。

日暮れ前の釣果に浸りながら続けると、たまにアタリが出るが食い込まない。2度カニを噛まれたが、次第にアタリが遠のき気配がなくなった。

43cmクロダイゲットで納竿

日没から時間が過ぎて午後9時。気配を求めて広範囲に探っていると、30分ほど過ぎて待望のアタリ。コッとサオに伝わった。上に聞いてみたが続かない、回収すると噛まれていた。クロダイだ!ここにいる。

元気なカニで誘っているとアタリがあり、穂先がもたれたので掛けアワせた。すぐに締め込まれたが、サオの弾力で浮かせる。少し小さめのクロダイを確保した。

その後は午後10時まで続けたが気配がなく終了した。やっと夜釣りも本番になり、これから楽しめるだろう。釣果は52、48、43cmの3匹で、撮影してからリリースした。安全な釣り場なので、ゴミは持ち帰りマナー良く釣りをしたいものだ。

<週刊つりニュース中部版APC・加藤司/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
宮川河口
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年7月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。