電気ウキのシーズン到来 夜の堤防エサ釣りでセイゴにアジにメバル

電気ウキのシーズン到来 夜の堤防エサ釣りでセイゴにアジにメバル

三角周辺(熊本県宇城市)の夜釣りで、アジやセイゴの釣果が上向いてきた。本格的なナイターシーズンの到来だ。7月8日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

電気ウキで夜の堤防釣り

三角周辺のアジやセイゴは夏から秋によく釣れる。堤防からの夜釣りで、アオムシなどをエサにした電気ウキ仕掛けで狙うのが一般的な釣り方だ。いずれも20~25cmあり、時折30cm前後が交じる。

数は少ないものの、2~3時間のサオ出しで1人計3~4尾釣れるため、夕涼みを兼ねた夜釣りにうってつけだ。

電気ウキのシーズン到来 夜の堤防エサ釣りでセイゴにアジにメバル当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

早々にセイゴ登場

当日は午後10時ごろに三角西港に到着。港はとても広く、まずは通称・レストラン前から攻めることに。ハリにアオムシを1匹掛けにし、サオ下を1ヒロ半ほどタナで探ると、3投目に電気ウキがモヤモヤッと沈んだ。

間髪を入れずにアワセを入れると、小気味いい引き。軽いやり取りの末に姿を見せたのは25cmほどのセイゴだった。

場所移動でセイゴ追釣り

連発を期待したがアタリは続かず、場所を移動。とは言え、すぐ近くにある大田尾漁港だ。ここは前日セイゴが数匹釣れたので、期待が持てる。

案の定2投目から魚信があり、30cm近いセイゴを追加。入れ食いを予想したが、まさかの1尾止まり。再び三角西港に向かった。

電気ウキのシーズン到来 夜の堤防エサ釣りでセイゴにアジにメバルエサはアオイソメの1匹掛け(提供:TSURINEWSライター松田正記)

外灯下で連打

次に選んだ釣り座は通称・三号バス停前の外灯下。ここは小魚の波紋があるうえ、潮の流れがあっていい感じ。予想通り、1投目から25cmほどのセイゴがヒットし、そのまま同型を連打。どうやら、この日は外灯下が正解だったようだ。

次のページで30cm級のアジ登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。