沖磯ルアー釣行でアカハタにイサキなど五目達成 ヒラスズキのバラシも

沖磯ルアー釣行でアカハタにイサキなど五目達成 ヒラスズキのバラシも

6月16日、天候的に良かったので、ルアーマンに優しい石鯛丸を利用して牛深沖のガン瀬(小ガン瀬)に乗ることに。良型マダイやヒラスズキのバラシもあったが、ルアーでイサキにキジハタなど五目釣りを楽しんだので、その模様をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

小ガン瀬でルアーフィッシング

午前5時に出港し、5時30分に小ガン瀬に到着。タックルはロッドがエンカウンター106MH、リールはSWストラディック5000XG、PEライン1.2号、リーダー5号、ルアー各種。

まずは離れにあるカブリの瀬に向かってサイレントアサシン・レッドヘッドを投入。サラシが薄いがこの朝のローライトならヒラスズキが出ると思い、磯に対していろんな角度から投げるが反応がない。

潮上は釣れる気満々

次はパワーブレードを3秒、5秒、8秒と1投ずつレンジを刻みながら打つが反応なし。「流れが北側から来てるから反対側が釣れるな」経験上、魚が釣れるのは潮上。ある程度のタックルを持ち北側へ。「あ~これは釣れたな」もう海が早くルアーを投げろと言っているかのごとく釣れる気満々。

ガンガンジグブレードシリーズに新たに仲間入りしたガンガンジグバレット、その名の通り弾丸並みの風切りとそれに伴う圧倒的飛距離。「ガンジグシリーズの中では1番飛距離出るよな~お尻重心で小粒だからな何がきても良い」。

まずはバレットの後ろに付いてるブレードを外し、ゴールドブレード付きのフックに替えてショートバイトでも確実にフッキングできるようにし、ブレードもシルバーからゴールドに換えることでアピール力が格段に上がる。

ただ巻きでイサキ手中

フルキャストすると「お~、100m近く行ったんやない?まさに弾丸」ガンガンジグバレットはムダなアクションは不要。遠投→着水→着底(ラインを指で押さえながら着底を待つ)→ゆっくり1秒間に1回転の一定のスピードでロッドを立てて巻いて来るだけで……ゴンッ。

沖磯ルアー釣行でアカハタにイサキなど五目達成 ヒラスズキのバラシもイサキ手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

「はい、乗った~、何でしょう?ん、何この引き?あ、イサキ」1尾目は旬のイサキ。ダッシュで南側に戻り、血抜きと脳ジメをしてクーラーに入れてまた北側に戻ってフルキャスト。

「来んな……群れ通過したな」それでも続けているとゴッゴッゴ……ゴンッ、ジッジィイー「このアタり方はマダイ」だが足元でポロリ……「40cmぐらいだったかな」。気を取り直して投げているとゴッゴッゴ……「食い込まない」。マダイのアタリはあるもののなかなか食い込まないタイミングが続き、一気に潮が止まってしまった。

アカハタ筆頭に多彩なヒット

「こんな時はキャスティングタイラバで気分転換」と、バレットからタイラバに変更。フルキャストしてバレットと同じ誘い方をすると着底からの巻き上げてヒット。「ハタだろう」数m巻いたところで張りつかれた「出ろ~出ろ~……出た」3回張りつかれながらも上がって来たのは腹パンパンのアカハタ。

数分後「お、潮目」ここでまたバレットに変更して探っているとゴンッ。「次はなんだ~?」上がって来たのはキジハタだ。「珍しい、ここはオオモンハタパラダイスなのに」。

沖磯ルアー釣行でアカハタにイサキなど五目達成 ヒラスズキのバラシもキジハタ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

写真を撮って次を狙うとゴンッ。100m沖近くのボトムから上がって来たのはヨコスジフエダイ。

沖磯ルアー釣行でアカハタにイサキなど五目達成 ヒラスズキのバラシもヨコスジフエダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

次のページは五目達成&ヒラスズキの姿も?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。