日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中

2022年6月18日は私にとって忘れられない日となりました。長崎県の帆上島で自己新記録となる50cmのアカハタを釣り上げたのです。ネットで日本新記録を調べると、53.5cmだとか。夢のようなビックサイズのアカハタと出会えた釣行をお届けします。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

ソルトルアー ショア

丸銀釣りセンター

年に何度かはお邪魔します、長崎県、宮之浦の丸銀釣りセンターさん。魚種を伝えると、船長さんが数隻ある船で宮之浦~五島までナビゲートしてくださいます。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中丸銀釣りセンター(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

大きな本館と別館があり、ホテルのような部屋で宿泊が可能です(要予約)1泊2食で7200円。夕飯は刺身の盛り合わせや鍋など、とても豪華になっています。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中豪華な夕食(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

また、渡船利用のお客さんには、快適な仮眠室も設けてあります。釣り旅行にはお勧めの場所です。

帆上島へ渡礁

6月18日、丸銀釣りセンターの船長さんの案内で、釣り仲間5人で帆上島に上がりました。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中釣り仲間5人で挑む(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

私と2人の仲間は低場に、もう2人は高場の方へ上がりました。この場所は、魚影が濃く、クロ、イサキ共に大型が狙えます!

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中マリンアローに乗船(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

とても広い磯なのですが、ウネリの強いときや満潮時には釣座が限られてきます。至るところに、沈み瀬やゴロタ岩があるのも特徴です。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中帆上島へ渡礁(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

フカセ釣りで40cmオナガクロ

フカセ釣りを始めた2人、開始早々に30cmクラスのクロをGETして笑顔です。

幸先が良いように思えましたが、すぐに小型のイサキが湧いているのか……。今度はどこへ投げても小型~中型までのイサキがヒットしてきます。サイズを選りすぐって、お土産用のイサキを確保となりました。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中イサキはお土産に(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

すると、高場で釣りをしていた松本さん。複雑な流れを攻略し、なんと40cmのオナガをタモ入れしていました。遠目に見てもわかる、良型のクロに大興奮です。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中良型クロに興奮(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

ロックゲームでカサゴ連打

私は、迷わずロックフィッシュからのスタートを選択しました。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中オーシャンルーラーのシンカー(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

すると、思惑通りに、面白いほど毎投ごとにアタリがあるのです。着底から、誘いをかけながらラインと巻き取っていくと、ガツンとカサゴが食いついてきます。不思議と遠投するよりかは、足元~比較的近い距離の方が魚の型が良かったです。

日本記録に迫る【50cmアカハタ】を釣りあげた 磯でのルアー釣りで手中次から次にカサゴがヒット(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

重量級ヒット到来

しばらくして、船着場へ移動しました。ちょい投げで、着底したのを確認して、2回目の誘いのときに!まるで根掛かりしたかと思うほどの重量感に驚きます。

竿を立てて、ラインを巻き取るのにもなかなかリールの回転が敵わない。それでも、少しずつは巻き取りが出来るので辛抱強くしていると、ググッと潜り込むような強い引き。10秒間ほど耐えます。

なおも竿の弾力で浮かせにかかると……海面に浮いてきたのはレッドカラーが輝く魚体!

次のページで記録級50cmアカハタ堂々浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。