佃堀のハゼ釣りで本命50尾前後 8月以降は数型ともに期待できるか?

佃堀のハゼ釣りで本命50尾前後 8月以降は数型ともに期待できるか?

7月3日(日)、東京都中央区にある佃堀へハゼの様子を見に出かけた。稲荷神社側と住吉神社側でサオを出し、それぞれ16尾と30尾の釣果を得たので、その模様をリポートする。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・岩井一彦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

住吉神社側の釣況と釣果

こちらには釣り人の姿がない。陽が照りだしてきたので、船が係留されているサクラの木の下で竿を出してみた。

1投目からウキが引かれるが、アワせても釣れない。やっとハリ掛かりしたのは3cmの稚魚。この大きさの魚しかいないようなのでタナゴバリに交換して釣ると好転し、コンスタントに釣れた。

9時すぎ、引き潮になり流れが出てきて釣りづらくなったので納竿。ここでは3~4cm30尾以上ですべてリリース。

今後の展望

佃堀のハゼ釣りはまだ始まったばかり。当日の状況から、あと1カ月もすれば数、型が期待できそうだ。

堀の中央に架かる朱塗りの橋を中心に下町の風情が色濃く残っており、釣り場のロケーションは抜群。合わせて魚影も濃いのがいい。また足場もよく、トイレ、ベンチ、水飲みも整備されているため、女性、子ども連れでも安心。

佃堀のハゼ釣りで本命50尾前後 8月以降は数型ともに期待できるか?堀の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・岩井一彦)

<週刊つりニュース関東版APC・岩井一彦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
佃堀
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年7月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。