茨城サーフでのフラットゲーム釣行でマゴチにヒラメをキャッチ

茨城サーフでのフラットゲーム釣行でマゴチにヒラメをキャッチ

6月30日(木)、茨城県北茨城市の北浜海岸に釣行した。夜明け前のヒラメはバラしてしまったが、夜明けから狙ったマゴチと潮が下げてから狙ったヒラメはしっかりキャッチ成功。充実の早朝サーフゲームの模様をリポートする。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・上谷泰久)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

北浜海岸でフラットゲーム釣行

6月30日(木)、茨城県北茨城市の北浜海岸に釣行した。夏至を過ぎ、水平線に太陽が顔を出すのが日に日に遅くなっている。薄暗い時間帯はプラグでヒラメ狙い。大型が釣れるチャンスタイムだ。

やがてオレンジ色の太陽が出てきたと思ったそのときヒット。「大きいか!」と手ごたえを確認する間もなく、逃げられてしまった。

「またやってしまった」。よくあることで、朝一番に逃げられた日は最後まで釣れないで帰ることが多い。しかし、当日は北浜海岸。マゴチで有名なサーフだ。太陽が出たらマゴチ狙いに変える作戦。

太陽が出たらマゴチ狙い

ヒラメ狙いのシャロー(浅瀬)から、やや波立ちの控えめなポイントへ移動。すると波打ち際近くのカケアガリに、コノシロのような小魚が見える。「これを食いに寄ってきてるかもしれない」と8gのジグヘッドワームで足元周りを狙うが不発。

そこでジグヘッドを15gにして遠く投げるとヒット。頭を左右にくねらせるヘッドシェイクという手応えはマゴチ特有だ。なかなか寄ってこない。

「いきなり大物だぞ」と十分に楽しませてもらい、砂浜にズリ上げることに成功。60cmを超えれば大物と言えるが、これは58cm。大暴れしたわりには、もう少しというサイズだった。

茨城サーフでのフラットゲーム釣行でマゴチにヒラメをキャッチ良型マゴチに笑顔(提供:週刊つりニュース関東版APC・上谷泰久)

マゴチは1尾釣れると同じ場所で何尾も連続で釣れることが多い。数釣りを狙ってみるが、2尾目はこない。

あちこち移動しながらキャストしていると、ようやくヒット。しかし50cmに満たないサイズのマゴチだった。

サラシ狙いでヒラメもキャッチ

潮が下がってくる時間帯になると、あちこちでサラシが効き始めた。そのなかへヒラメを狙いジグヘッドワームを投げる。

すると、アタリはあるもののヒットせず。投げると再びアタる。何かがじゃれついてきている。そして、ようやくヒット。元気な魚ではあるが、サイズはそれほどでもなさそうだ。

釣れたのはヒラメの幼魚。サイズは30cmちょいだが肉厚で重い。多分オスなのだろう。元気に波間に戻っていった。

さらに泡の中を狙うが、さきほどまでの気配はなくなってしまった。

茨城サーフでのフラットゲーム釣行でマゴチにヒラメをキャッチ30cm級ヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版APC・上谷泰久)

早寝早起きで充実のサーフゲーム

時間は7時、下げ潮のいい時間帯なのだが、当日はここまで。日の出の早いこの時期は、仕事をする前でもみっちり釣りを満喫できる。

早起きするために「夜に早く寝る」という行為を実践するだけで、これほどまでに有意義な時間を過ごせるのだ。砂浜だらけの茨城ならではのサーフのルアーフィッシング、始めてみてはいかが。

<週刊つりニュース関東版APC・上谷泰久/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
北浜海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年7月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。