夜の波止釣りで新子タチウオ12匹手中 丁寧なエサ付けがかなり重要?

夜の波止釣りで新子タチウオ12匹手中 丁寧なエサ付けがかなり重要?

この時期になると伊勢湾奥に出没する新子のタチウオ。年によって当たり外れの多い魚だが、今年はかなりの数が接岸しているようだ。今回は本格的にエサを使ったフカセ釣りでタチウオを狙った。このフカセ釣りの予想以上の難しさと面白さをレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

四日市港で新子タチウオ釣り

タチウオを普段はルアーで狙っているが、今回はエサを使ったフカセ釣りで狙う。過去に何度か試してみたことはあるが、予想以上に難しく、また予想以上に面白い。本格的に狙うのは今回が初めてなので期待も高まる。

釣行したのは6月27日の夜。午後7時半に四日市港に到着し、まずはジグヘッドでアジを狙う。アベレージサイズは、現時点で10cm強。普通ならサビキで狙うところだが、エサには1、2匹あれば十分なので、効率より楽しさ優先なのだ。

夜の波止釣りで新子タチウオ12匹手中 丁寧なエサ付けがかなり重要?まずは小アジを確保(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

ちょっと苦戦したが、なんとか小アジを2匹確保して明かりのない所に移動。集魚灯をセットしたら、あとはタチウオが寄るのを待つばかりだ。

集魚灯をセットして10分ほどで明暗の境目に浮上するタチウオが確認できたので、早速短冊に切ったアジを投入。

夜の波止釣りで新子タチウオ12匹手中 丁寧なエサ付けがかなり重要?集魚灯に寄ってきたタチウオ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

当日のタックル

タックルはメバル用のルアーロッドに、短いワイヤーリーダーとシングルフックをセットしただけの超シンプルなもの。ハリとエサの重さだけでゆっくりと沈めていく。

夜の波止釣りで新子タチウオ12匹手中 丁寧なエサ付けがかなり重要?タチウオ仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

レンジが深い場合はマーカーとしてラインにケミホタルをセットすることもあるが、集魚灯で足元まで寄せるため基本的にはサイトフィッシング。投入したらフリーフォールさせ、ある程度まで沈めたら誘い上げてまたフォール。この繰り返しでエサを見せていく。

夜の波止釣りで新子タチウオ12匹手中 丁寧なエサ付けがかなり重要?エサは小アジの切り身(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

じっくり食わせて1匹目

やがて、どこからともなく現れたタチウオがエサをくわえた。そのまま横に泳いでいくが、ラインにテンションが掛かると同時に放してしまう。なかなかにシビアな状況だ。

そこで今度は食うと同時にラインを送り、テンションフリーで泳がせてみた。魚の口からエサが見えなくなったところでアワセを入れるが、これもスッポ抜け。ルアーなら間違いなくヒットしている状況だ。

この時期は暑さのせいもあって鮮度落ちが早い。食べる分だけ10匹も釣れれば十分と思っていたが、このままでは食事制限を強いられる可能性も出てきた。

それでもじっくり食わせ、ようやくの1匹目。ヒットした瞬間に魚体をくねらせてバックするため、新子でも親譲りの重量感が味わえる。

夜の波止釣りで新子タチウオ12匹手中 丁寧なエサ付けがかなり重要?1匹目のタチウオ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページでヒット率を上げるコツを解説!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。