夜の船釣りで30cm頭に良型メバル14匹 アオイソメ1匹掛けで手中

夜の船釣りで30cm頭に良型メバル14匹 アオイソメ1匹掛けで手中

愛知県の師崎で6月に釣れるメバルは、尺交じりの25cmオーバーがアベレージ?噂の尺メバル釣りに明神釣船で釣行してきました。狙い通り尺メバル頭に良型ばかりを14匹キャッチした釣行の模様をリポートします。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

尺メバルとは

夜の船釣りで30cm頭に良型メバル14匹 アオイソメ1匹掛けで手中30cmを超える大型を尺メバルと呼ぶ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

尺メバルとは30cmを超える本メバルのことです!ルアー用語でいけば、ランカークラスのメバルのことで、30cmを超えるメバルはメバル釣り師の夢の魚であり、釣ることがとても難しいとされるメバルのサイズです。

夜の船釣りで30cm頭に良型メバル14匹 アオイソメ1匹掛けで手中食味も満点(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

メバルは刺し身にしても煮付けにしても塩焼きにしても、どんな料理でもおいしい魚なのですが、尺メバルまで成長した本メバルは脂ノリノリで20cmメバルよりも圧倒的に旨いことが印象的!引きも強烈なことは明らかで、釣っても「おいしい」という2つの魅力をもつメバルこそが尺メバルなのです!

使用タックルと当日の状況

夜の船釣りで30cm頭に良型メバル14匹 アオイソメ1匹掛けで手中使用タックル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

そんなメバルを釣るタックルは、60号くらいのオモリが乗る船釣り用のエサ釣りロッドにPEライン1号を巻いたジギングリールを装着!メバルになるべく違和感を与えないように、太イトは使用せずに、ライトタックルなラインセッティングでの挑戦です!

当日の状況

夜の船釣りで30cm頭に良型メバル14匹 アオイソメ1匹掛けで手中利用した明神釣船(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

釣行したのは2022年6月9日。午後便なので19時から愛知県師崎の明神釣船に乗って出船!天気は晴れで風もほぼ無風。潮は若潮で、釣りがしやすい状況でした。

基本の釣り方

夜の船釣りで30cm頭に良型メバル14匹 アオイソメ1匹掛けで手中エサはアオイソメをチョン掛け(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

3本バリの五目仕掛けに、使用するエサはアオイソメ!20cm超えのアオイソメをハリにチョン掛けするだけで完了!イソメはぬい刺しでも対応可能です!

誘い方

イソメを1匹チョン掛けにすることで、水中で自動的にイソメが泳いでくれるため、サオでの誘いはほとんど必要なし!活きのいいエサなら、エサに仕事をしてもらえるので、わざわざサオで誘いを入れなくてもいいと思います。

根掛かりを防ぐには

尺メバルポイントは起伏の激しい根です。海底から6mくらいの急激な根(岩礁)が入っているので、海底を狙っていると根掛かりが多発します。そのため、根掛かりを防ぐために、船長が根の高さを教えてくれるので、根の頂点までイトを巻いてしまった方が根掛かりは少なくなります。

例えば、船長から「6m根の高さがあるよー」とアナウンスがあれば、リールのカウンターやラインを見て、6mタナを上げておけば根掛かりはかなり減ります!

次のページで1投目から良型のメバル登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。