《大人気》落とし込み釣り攻略!食物連鎖の頂点を狙う【キホン解説】

テーマは「落とし込み釣り」。エリアによって食わせサビキ、アンダーベイト、チョクリ釣り、タテ釣りなどとも呼ばれている。メインターゲットとなる魚は海の食物連鎖の頂点に立つ青物のヒラマサ、カンパチ、ブリのほかにマダイ、ヒラメ、根魚だ。これからの季節、エサとなるイワシや小アジなどを追って沖から地寄りの岩礁帯、沈船周りにやってくる。食べておいしく釣って面白い、落とし込み釣りを紹介していこう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

サオ

タックル例

エサとなるベイト(イワシや小アジ)は8月後半から9月になると10cm前後になってくる。このサイズのベイトが仕掛けにハリ掛かりして、ラインを通してサオ先でベイトが付いたことが分かる繊細さが必要だ。なおかつ本命(青物など)が食ってきても対応ができるパワーを持ったサオでなければ釣りにならない。

サオ調子をS社を例に挙げると、Mは6対4調子、MHは7対3調子、Hは8対2調子だ。Mは秋の始めの青物がまだ1~2kg級の釣りに使うとよい。

MHは秋も深まって青物も3~4kg級になってきたとき。Hは冬場に(この時期のベイトも15~20cmになっている)青物の5~10kg以上の魚と渡り合うためのサオだ。

ちなみにD社ではS調子の負荷30~100号、M調子の負荷は50~150号、MH調子60~180号、H調子80~200号がある。

リール

リールは電動リールが必需品。S社では3000番、D社では500番クラスで対応したい。秋のヒラマサは体力もついて海のスプリンターよろしくハリ掛かりすると走り回って岩礁帯や沈船で仕掛けを切ってしまう。なお、リールのドラグ調整もしっかりしておきたい。

ライン

昨年使ったままのものではなく新しいPE6号を。中には4号を使っている人も見かけるが、初心者はできるだけ6号を使いたい。ちなみに細いPEのメリットは、水切れがよく(潮流れによる抵抗が小さいので)ベイトのアタリもよく取れる。

逆にデメリットは不意に大型ヒラマサがヒットしたとき強引なやり取りができず、岩礁帯や沈船にラインを巻かれて逃がしてしまうことだろう。

次ページで仕掛けを解説!