浅場でイサキ狙いのSLJ釣行 本命の他に良型アカハタもキャッチ

浅場でイサキ狙いのSLJ釣行 本命の他に良型アカハタもキャッチ

シーズン真っただ中のスーパーライトジギング(SLJ)でイサキを釣ろうと、6月18日に三重県志摩市方田の遊漁船に単独釣行。良型のアカハタなども釣れたが、イサキは船中6匹と激シブな結果となった当日の釣りをリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

イサキ狙いSLJ釣行

シーズン真っただ中のスーパーライトジギング(SLJ)でイサキを釣ろうと、6月18日に三重県志摩市方田の遊漁船に単独釣行した。

前週は沖上がり直前から食いが立ち、何とか3匹の本命イサキを仕留めることができた。SLJで狙うイサキはマニアックで、釣果に差が出る釣りのひとつ。何とか釣り方をマスターしたいと通っている。

キャストは2タックルだ。TGベイト20gとコアマンVJを準備した。コアマンは思うように手に入らないが、ダイソー(百均)VJでもフックとワームさえ交換すれば十分対応できるので、交換して使用している。

浅場でイサキ狙いのSLJ釣行 本命の他に良型アカハタもキャッチタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

リーリングとステイで探る

午前4時の予定だったが、強い霧が出て30分遅れの出船となった。午後から雨との予報だ。約30分で御座沖の浅場ポイントに到着。

船長から「水深は5~10mです。始めてください」と声がかかった。TGベイトでキャストを開始。着水後すぐにリーリングし、数回巻いてはステイ。これの繰り返しだ。

SLJを始めたころは着底後から誘い上げるように釣っていたので、徐々に変化している。前週の釣行では、巻き上げてくるTGベイトの後ろについてくるイサキを何度も見かけた。この時は直前で見切られたが、今回は何とか食わせたい。

船中1匹目は開始2時間後

伊賀からの5人組はミヨシから並んだ。単独釣行は私と隣のアングラーさんの2人。私はトモとなった。

キャストを繰り返すが、一向に反応はない。ミヨシで1匹本命が上がったのは、開始後2時間を経過してのことだった。前週のこともあり、突然ナブラが立つこともある。

この釣りの最大の魅力は、イサキの小気味良い引きと、その脂の乗ったおいしさにある。一方誘惑はボトムをたたくと、良型根魚が狙えることだ。これをやりだすとイサキは遠のいていく。

磯周りでアカハタ

9時に隣のアングラーさんが本命をゲット。35cm程度のイサキだ。チャンスと思い、時々浮かび上がる磯にキャストを繰り返すと私にもヒット。

船長はヒラスズキかもしれないとタモを構えた。しかし、引きはそれほど強いものではなく、上がってきたのはアカハタ。40cm近い良型だが、本命ではない。ゴボウ抜きして取り込んだ。

浅場でイサキ狙いのSLJ釣行 本命の他に良型アカハタもキャッチ当日使用したタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

底狙いで良型アカハタ

トリヤマが出たので船長は船を走らせたが、キャストを繰り返すうちに早々に消えてしまった。先ほどの磯周りの方が確率が高いだろう。何度も潮上りを繰り返してくれた。午前10時を過ぎるころ、残念ながら雨が降りだした。

11時ごろ、船長からイサキがあまり釣れそうにないので、根物を狙えるポイントで釣ろうと移動を決めた。早速百均ジグにチェンジ。

軽くキャストしてボトムをたたくと、すぐにヒット。根に入るとへばりつくので、強引に巻き取ると良型アカハタが釣れた。

この後はアカハタとガシラが連続して釣れたが、小さいものは全てリリース。隣のアングラーはドラグを鳴らしながら水面に現れてガッカリ。太いダツだった。

次のページで本命のイサキが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。