アナハゼのちょっと変わった生態 見た目怖いけど磯遊びの楽しいお友達

アナハゼのちょっと変わった生態 見た目怖いけど磯遊びの楽しいお友達

比較的どこにでもいるサカナ「アナハゼ」。見た目が怖いのでリリースしがちですが、あまり詳しいことを知らない人も多いのではないでしょうか。アナハゼについて調べてみました。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部 立石)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

食べると美味しい?

基本的には市場には出回らないため、釣り人しか食べることのできないサカナです。

さばくと身も青い色をしていて毒々しいため、気持ちが悪いと食さない人も多い傾向ではありますが、クセがない白身で決して味は悪くなく、むしろ美味しいサカナです。

アナハゼのちょっと変わった生態 見た目怖いけど磯遊びの楽しいお友達不思議な青い刺身(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

また、火を通すことで青い身も一般的な白身になるので、身の色が気になる人は加熱調理で食べるといいでしょう。

アナハゼ自体は刺身、唐揚げ、天ぷら、塩焼きもコクがあり、どんな食べ方でも美味しく食べることができます。

刺身で食べると場合、身が青いため不気味ではありますが、味は甘海老に似た甘みがあり、コリコリとした食感が病みつきになるといわれています。

磯遊びの楽しい友達

これから暑くなると、磯遊びなどでタイドプールに子供と一緒に家族で訪れる人多いでしょう。そんな時にアナハゼはとても楽しませてくれる友達になってくれるはずです。

岩場の隙間にワームを落としてちょんちょんすれば、アナハゼさえいれば、ほぼ間違いなく釣れてくれるでしょう。

見た目は少し怖いですが、きっと子供にも楽しんでもらえると思います。

<近藤 俊/サカナ研究所>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。