東京湾の船キス釣りで本命12尾 セオリーと真逆の【即アワセ】が的中

東京湾の船キス釣りで本命12尾 セオリーと真逆の【即アワセ】が的中

梅雨の晴れ間の6月13日(月)、東京湾金沢八景(漁港内)の進丸さんにキス釣行。セオリー通りに釣ってダメだったので、その真逆を試すとこれが大正解。コンスタントに釣れ、12尾でフィニッシュした釣行の模様をリポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神崎美羽)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

進丸で船シロギス釣り

選んだ釣りものは夏にかけ人気のシロギス。進丸さんは東京湾では数少ない半日船を出している船宿で、午前中だけ晴れるから行ってみよう!と手軽に釣行できるのがうれしいところ。

6時半、船宿に到着。進丸さんはお店のすぐ横が駐車場で、荷物を運ぶのもとっても便利です。この日は平日にもかかわらず大盛況。常連さんからファミリー、初心者さんまでたくさん集まっていました。

東京湾の船キス釣りで本命12尾 セオリーと真逆の【即アワセ】が的中大盛況の船上(提供:週刊つりニュース関東版 神崎美羽)

乗船名簿を記入し、氷を1つもらいます。席は左舷真ん中。定刻どおりの7時半出船。目標は20尾です。

食いが浅く苦戦

「どうぞー」船長の声かけとともにスタート。1本バリの胴突き仕掛けで軽くキャスト。着底したら大きく誘いを入れます。するとさっそくツンツンとアタリが。シロギスはエサを吸い込むように食べるので、少し待ちます。おや?本アタリがこないなと思い上げてみると、掛かっていました。が、掛かりが甘かったのか取り込みで落としてしまいました。悔しー。

その後もアタリはあるものの、なかなか掛かりません。イソメの長さを変えたり試行錯誤。長めに付けるとアタリの回数は多いけれど、最後まで食わずに吐き出しているような感じ。この日は食いが浅いようです。

東京湾の船キス釣りで本命12尾 セオリーと真逆の【即アワセ】が的中本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 神崎美羽)

それでも、1時間ほどで1尾目が釣れました。嬉しい!その後立て続けに3尾ゲットです。

即アワセが奏功

今度はエサを短め(2~3cm)にしてみます。アタリはあるもののうまく掛かりません。天ビン仕掛けに替えようかとも考えましたが、アカクラゲが多いので断念。

東京湾の船キス釣りで本命12尾 セオリーと真逆の【即アワセ】が的中ラグビー・シャイニングアークス所属のメンバー(提供:週刊つりニュース関東版 神崎美羽)

シロギスは、イソメを長めに付け、ラインはたるませ気味でエサを吸い込みやすい余裕を作り、向こうアワセの釣り方が基本。でも掛からないということは、いっそ全部真逆をやってみよう!と思いやってみると、あっさり釣れてしまいました。こんな日もあるのかとびっくりです。

東京湾の船キス釣りで本命12尾 セオリーと真逆の【即アワセ】が的中ホウボウも顔を見せた(提供:週刊つりニュース関東版 神崎美羽)

後半になり、やっとこの日の釣り方を見つけました。エサのイソメは短め、キャストしたら常にラインは張り、アタったら即アワセのゴリ巻きです。これでしっかり数を伸ばせました。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。