大分県で関アジ釣り満喫 我慢の釣りを制して35~45cmマアジ12尾

大分県で関アジ釣り満喫 我慢の釣りを制して35~45cmマアジ12尾

大分市家島港から釣吉丸に乗船、関アジ釣りに行ってきた。当日は、底潮があまり動いてないようで、釣れるときは2~3回連続するが、またアタリが途絶えるなど我慢の釣行となった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣吉丸で関アジ釣り

6月上旬、大分市家島港の釣吉丸を利用してアジ釣りに釣行した。メンバーは中藤さん、土肥さん、吉田さん、須江さんと私の5人。

午前5時、港に着いて釣座を決めて、クーラーに氷を入れて荷物を積み込み、5時30分に出港となった。釣り場までは1時間ほどで、沖に出てみると波は小さく良い釣りびよりだ。

須江さんと吉田さんは初めてなので、釣り方などを教えているとエンジンがスローになり釣り場に到着した。

周囲を見渡すと、平日だが15隻ほどが釣りをしている。船長は慎重に魚の反応を15分ほど探し、良い反応があったところでアンカーを入れた。関アジ用サビキ仕掛けに120号のアンドンカゴを付け、釣り開始の合図を待つ。

大分県で関アジ釣り満喫 我慢の釣りを制して35~45cmマアジ12尾当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

関アジの釣り方

釣り方は、仕掛けを底まで落として1~2m上でサオを上下に振り、まきエサをカゴから出して再度仕掛けを落とし、魚のアタリを待つ。最初の4~5回は、魚を集める意味でまきエサだけをする。

7回目の仕掛け投入でまきエサを出すと、この日の初アタリがでた。慎重に釣り上げると40cmほどの良型アジでひと安心。その後、アタリがないのでおかしいと思い、市販のサビキを改良したものから市販のものに交換。それを投入してまきエサを出した後、ラインを少しゆるませていたが、張りぎみにするとアタリがでだした。

底潮があまり動いていないようで、その潮の流れに変化が出た時にアタリがあるとのこと。釣れる時は2~3回連続するが、またアタリが途絶えるなど我慢の釣り。それと魚が大きいので、巻き上げ中に口切れによるハリ外れも発生する。

大分県で関アジ釣り満喫 我慢の釣りを制して35~45cmマアジ12尾須江さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

アワセは禁物

須江さんと吉田さんも苦労しながらだが、なんとか釣果を伸ばしている。

土肥さんはハリ外れが多いので、クッションゴムを取り、さらにアタリがでた時にアワセを入れているので「アワせてはいけない」と声掛けする。

また、底を釣るので仕掛けが絡むが、ポーターが4人乗っているので素早く対応してくれるし、魚を釣り上げてもタモですくってくれるので大助かりである。仕掛けが絡んでハリスがヨレた時は、早めに交換した方がよい。ヨレていると魚の食いが悪い。

10時30分すぎ、潮の動きが変わり始めるとアタリが多くなり、手返し良く釣って5尾追加したが、1時間ほどで再びアタリが遠のく中、強い引きのアタリがでた。大物なのでドラグを緩めてやり取りをし、無事に釣り上げたのは2kgのマダイだった。

大分県で関アジ釣り満喫 我慢の釣りを制して35~45cmマアジ12尾吉田さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。