エギタコ釣りで2.9kg頭に10匹 これからの最盛期にさらに期待大

エギタコ釣りで2.9kg頭に10匹 これからの最盛期にさらに期待大

6月10日、愛知県の新舞子沖へ今季初のタコ釣りに行った。数日前に小崎キャプテンから「タコが釣れ始めた」とうれしい情報の連絡が入った。当日は釣友の藤城さんと一緒にプレジャーボートに乗り込んだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

新舞子沖でエギタコ釣り

午前4時に出船、新舞子沖へ向かう。沖は風が強く吹いているが、釣りには支障ないだろう。私は左舷ミヨシ、藤城さんは左舷トモ、小崎キャプテンは胴の間からサオを出す。全員左舷に入り、ドテラ流しで勝負だ。

エギタコ釣りで2.9kg頭に10匹 これからの最盛期にさらに期待大タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

空は曇天で風は吹いているが、潮の流れは悪くない。水深6m前後、タコエギ2個+オモリ30号の仕掛けを落とし込み、底で軽くシェイクしてエギを躍らせタコにアピールする。簡単な釣りだ。

早朝の時合いで好乗り

1流し目、私のサオが曲がり重くなった。巻き上げるとワカメと一緒に良型のタコが浮上。しかし、アワセが甘いのか、抜き上げたときにワカメと一緒に逃げていった。しかも次は抜き上げたときに船ベリに張り付かれてバレちゃった。

早朝の時合いか、タコの乗りは悪くない。小崎キャプテンは大きなアワセが決まり、良型を抜き上げた。藤城さんは船酔いで早くもダウン。

2.9kg大ダコ浮上

そんななか、サオが大きく曲がった。少し我慢して大きくアワセを入れると、めっちゃ重量感が伝わる。これがタコなら超うれしい。やがてエギを抱いた大ダコが浮上。脚を広げて威嚇しており、私は「タモ!タモ!」と大声で叫ぶ。

半信半疑だった小崎キャプテンも、浮上した大ダコを見て慌てて駆けつけてくれた。無事ネットに収まった半端ない大きさのタコに驚いた。

エギタコ釣りで2.9kg頭に10匹 これからの最盛期にさらに期待大自己新記録級の大ダコ浮上(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

ところが、ここから悪戦苦闘することに。ネットから大ダコを取り出すと、数本の脚が手に巻き付き、吸い付いてきた。この大きな吸盤が強烈で外せない。私の手首ほどある極太の脚だから、とても痛いが、うれしい。小崎キャプテンの助けを借りてイケスに放り込んだが、興奮冷めやらぬ状態だ。

エギタコ釣りで2.9kg頭に10匹 これからの最盛期にさらに期待大2.9kgの大ダコだった(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

あとから計量すると2.9kgあり、大幅に自己記録を更新した。

次のページで旬の食味を堪能!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。