【2022年】東京湾テンヤマダコ釣り入門 タックル&釣り方の基本を解説

【2022年】東京湾テンヤマダコ釣り入門 タックル&釣り方の基本を解説

今回は開幕好スタートを切った東京湾の船マダコ釣りに注目。エギでの釣りとテンヤを使った釣り方が代表的だが、今回はテンヤマダコ釣りの基本について解説しよう。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り

テンヤマダコ釣りタックル

近年、竿とエギを使った釣りも注目されているが、基本的には専用テンヤ50号にカニなどを縛って狙う。通常、貸し道具(下図参照)は船宿に常備されており、費用も乗船料に含まれることがほとんど。クーラーひとつで楽しめる。

【2022年】東京湾テンヤマダコ釣り入門 タックル&釣り方の基本を解説タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

エサはイシガニが一般的。しっかりと木綿糸でテンヤに縛る。根周りなどを攻めるので、ぶつかっただけでエサが外れてしまわないよう、がっちり固定することが大切だ。また、タコベイトや集魚板などを付けるなど、アピール方法を工夫するのもいいだろう。

釣り方

基本的にテンヤは船下に下ろせばいい。着底したら小突きを開始。テンヤを底から離さないように、指にかけたミチイトを3~10cmほどの幅で小刻みにシャクって動かす。

ひん繁に新しい場所にテンヤを入れ直すため、20~30回ほど小突いたら、一度大きく聞き上げて、再度落とすようにする。

【2022年】東京湾テンヤマダコ釣り入門 タックル&釣り方の基本を解説マダコの釣り方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

根周りの場合、起伏に合わせて小突かないと根掛かり必至。そのため、掛けバリを立て気味にして、まめに底ダチを取り、上下に小突くようにする。それでも根掛かりした場合は、強く引かずに軽めに引いては緩めたりしてみよう。

小突く指先にジワッと重みを感じたら、腕を海面に向けて大きく伸ばし、ひと呼吸待って鋭くミチイトを上げて大アワセ。そして、ミチイトを張ったまま腕を下げずスムーズに手繰り上げる。テンヤバリにはカエシがないので、イトを緩めるとバラしてしまうので要注意。

携帯品

指サックは手釣りには必携。指を切らないためにも持参したいアイテムだ。ネットや網袋は、船宿で常備しているが、持参するならファスナー付き洗濯用ネットがオススメ。

【2022年】東京湾テンヤマダコ釣り入門 タックル&釣り方の基本を解説太田屋で本命手中(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

次のページで東京湾開幕ダッシュの好釣果を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。