陸っぱりナイトエギングで1.65kgアオリイカ手中 中層狙いが奏功

陸っぱりナイトエギングで1.65kgアオリイカ手中 中層狙いが奏功

今春はトンジギやタイラバに浮気気味。気がつけば5月も下旬を迎え、今シーズン初の春エギングパトロールに出動。エサを追う活性の高い個体に狙いを絞り、着水後カウントを数え表層から2~3m前後のレンジを探り、狙い通り1.65kgのアオリイカをキャッチしたので、その模様をリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

南伊勢へエギング釣行

今シーズン、すでに釣友たちはヤエン釣りに加えエギングでも良型を連発。好調な状況がうかがえるなか、5月20日の夕方から三重県・南伊勢町の堤防へと車を走らせた。

ポイントに到着。この日は金曜日であったこともあり、すでに堤防含め見渡せる範囲は釣り人で満員御礼状態だ。しばし周辺を散歩しがてら藻場をチェックする。今シーズンも潮が当たる場所では、藻場はジャングル状態。最高の産卵場が形成されていた。

午後7時に釣りスタート

午後7時になりすっかり暗くなったタイミングで、釣り座も空きだしてキャストを開始する。潮止まりから1時間以上が経過。流れも強く、夕マヅメとの相乗効果で、最高のタイミングだ。

陸っぱりナイトエギングで1.65kgアオリイカ手中 中層狙いが奏功タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

まずはエサを追う活性の高い個体に狙いを絞り、エギは底まで沈めることなく、着水後カウントを数え表層から2~3m前後のレンジで反応を探ってみる。

重量感のあるヒット

すると、開始から30分。沈めているエギに、ツンッと弾くような違和感。怪しければアワセを入れるの精神で、半信半疑でロッドを立てる。しかし、ドスンッと手元に感触が伝わり、ギュンギュンと2~3回引張られたところで、スッと重みが抜けた。若干迷いがあったことでアワセが弱くなり、エギのカンナがしっかりとイカに掛かっていなかったようだ。

しかし、次のアタリもすぐやってきた。シュッシュツシュッと3回ほど、エギを左右にダートさせその後は流れに乗せる形で、9秒ほどエギを沈める。

すると、サオ先がクッと引っ張られた。今度は迷いなし。ズバッと勢いよくアワセを入れた瞬間に、ジィーーッとドラグが滑る。根掛かりのような重量感から、ひと呼吸置いてギューーン、ギューーンとストロークの長いジェット噴射が開始された。

次のページでネットインしたのは余裕のキロアップ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。